繊維型デバイスの開発と複合材料への応用 Development of Fiber-Shaped Devices and Their Applications to Composite Materials

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

センサやアクチュエータなどのデバイスを構造体に組み込むことによって高機能化を図るスマートストラクチャーの研究において,構造体への影響を軽減するためにデバイスを繊維形状にする方法がある。筆者らの開発した圧電繊維は内部に金属コアをもつため,構造体内へ埋め込むだけで振動抑制やヘルスモニタリングなどに利用することが可能であり,幅広い応用が期待されている。

There is a research, called "smart structure, " which combines sensor and actuator devices with structure in order to improve the reliability and safety of the structure. Here, fiber-shaped devices are desirable ones in order to reduce the effect of the devices on the structure. Until now, various fiber-shaped devices were researched and developed. We developed a piezoelectric fiber, which has a metal wire in a core, so that it can be used to vibration suppression or health monitoring, only by embedding it in the structure.

収録刊行物

  • 高分子  

    高分子 57(7), 506-509, 2008-07-01 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021119711
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084926
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL 記事登録ID
    9566697
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-90
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ