戸建て住宅の地震対策技術 The Technology of Seismic Design for Housing

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

建物の地震対策の主流は,構造骨組が変形することで地震エネルギーを吸収する設計法であるが,これでは地震時に骨組は損傷を受ける。一方,最近では粘弾性ダンパーで地震エネルギーを効率的に吸収し,骨組の損傷を防ぐ制震技術が注目されている。本稿では弊社が採用した制震技術と併せて,住宅の地震対策技術全般について紹介する。

Nowadays, among the quake-resistance technologies of building construction, a design method, which makes the structure skeleton absorb earthquake energy by the deformation of the skeleton, predominates. However, by this method the skeleton will be damaged when a severe earthquake will occur. On the other hand, recently, another quake-resistance technology, which uses a viscoelastic dumper to absorb earthquake energy efficiently and prevent damage to the skeleton, attracts attention. Here, the present review provides an overview of the quake-resistance technologies, especially the technologies utilized by our company.

収録刊行物

  • 高分子  

    高分子 57(7), 510-513, 2008-07-01 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021119720
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084926
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL 記事登録ID
    9566708
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-90
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ