実用化に向かうプラスチック色素増感型太陽電池 Plastic Dye-sensitized Solar Cells Now Face Practical Use

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Plastic flexible dye-sensitized solar cells have been developed as lightweight and low-cost power source. Key technology is titanium oxide coating paste that forms mesoporous films at low temperature without sintering process. A large integrated module (0.8m×2.1m) outputs 112 V under indoor weak light, showing high sensitivity to diffused light.

収録刊行物

  • 高分子  

    高分子 57(7), 520, 2008-07-01 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021119736
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084926
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04541138
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ