マンガンポルフィリン/化学修飾ヘモグロビン複合体の構築とその抗酸化作用 Construction of Manganese Porphyrin Modified Hemoglobin Complex and Its Antioxidant Activities

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 村田 英則 MURATA Hidenori
    • 東京理科大学理工学部 Department of Pure and Applied Chemistry, Faculty of Science and Engineering, Tokyo University of Science
    • 伊藤 裕二 ITO Yuji
    • 東京理科大学理工学部 Department of Pure and Applied Chemistry, Faculty of Science and Engineering, Tokyo University of Science
    • 湯浅 真 YUASA Makoto
    • 東京理科大学理工学部 Department of Pure and Applied Chemistry, Faculty of Science and Engineering, Tokyo University of Science

抄録

ヘモグロビンのアポタンパク質を薬物担体とする新規抗酸化剤として,高分子化再構成ヘモグロビン(Cross-link PEGrHb)を合成した.抗酸化作用を有するマンガン 5,10,15,20-テトラキス(<i>N</i>-メチルピリジニウム-2-イル)ポルフィリン(MnT2MePyP)は低分子量体であるため体外に排出されやすい.このためヘモグロビンからグロビン鎖を抽出し,MnT2MePyPを導入することで得た再構成ヘモグロビン(rHb)に,ポリエチレングリコール(PEG)の修飾および架橋により,高分子化した.GPCおよびSDS-PAGEより,分子量増加およびPEG修飾を確認した.また抗酸化剤としての性質を,ストップトフロー法および過酸化水素耐性試験により評価した.Cross-link PEGrHbはMnT2MePyP単体と同程度の抗酸化能を有しており抗酸化剤として期待できることがわかった.またマウスにおいて<sup>125</sup>Iを用いて標識したCross-link PEGrHbの体内動態分布試験を行った.抗酸化剤としての特性評価としては,パラコート障害マウスを用いた実験を行った.Cross-link PEGrHb投与群では,コントロール群に比べ生存率が向上した.合成したCross-link PEGrHbは血中内で安定に存在し,<i>in vivo</i>において効果的にO<sub>2</sub><sup>-</sup>・を消去する抗酸化剤としての可能性が示唆された.<br>

Manganese 5,10,15,20-tetrakis(<i>N</i>-methyl-2-yl) porphyrin (MnT2MePyP) was introduced to hemoglobin to use it as a drug carrier. Reconstituted hemoglobin was reacted with pyridoxal-5-phosphate and borohydride to yield pyridoxalated reconstituted hemoglobin (PLPrHb). The reaction of PLPrHb with activated polyethyleneglycol gave pegylated reconstituted hemoglobin (PEGrHb). PEGrHb was polymerized using glutaraldehyde to yield cross-linked pegylated reconstituted hemoglobin (Cross-link PEGrHb). The number average moleculer weight of Cross-link PEGrHb was estimated to be 1.0×10<sup>5</sup> by GPC. The modification of hemoglobin was checked by using SDS-PAGE. Stopped flow analysis showed a high SOD activity of Cross-link PEGrHb. A pharmacokinetic study of <sup>125</sup>I-labelled Cross-link PEGrHb that was infused into mice revealed a long-term blood circulation. The novel Manganese porphyrin modified hemoglobin complex was found to remain long-term in the blood circulation without being removed by excretion. These results showed that this complex can be used as a high performance antioxidant.<br>

収録刊行物

  • 高分子論文集  

    高分子論文集 65(4), 277-282, 2008-04-25 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021120303
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00085011
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03862186
  • NDL 記事登録ID
    9492229
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-92
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ