金属酸化物触媒を用いたPLAの燃焼抑制 Flame Retardancy of Polylactic Acid Blended with Metal Oxides Catalysts

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 山下 武彦 YAMASHITA Takehiko
    • 名古屋大学大学院工学研究科マテリアル理工学専攻 Department of Materials, Physics and Energy Engineering, Graduate School of Engineering, Nagoya University
    • 水野 孝志郎 MIZUNO Kohshiroh
    • 名古屋大学大学院工学研究科マテリアル理工学専攻 Department of Materials, Physics and Energy Engineering, Graduate School of Engineering, Nagoya University
    • 上野 智永 [他] UENO Tomonaga
    • 名古屋大学大学院工学研究科マテリアル理工学専攻 Department of Materials, Physics and Energy Engineering, Graduate School of Engineering, Nagoya University
    • 石川 朝之 ISHIKAWA Tomoyuki
    • 名古屋大学大学院工学研究科マテリアル理工学専攻 Department of Materials, Physics and Energy Engineering, Graduate School of Engineering, Nagoya University
    • 武田 邦彦 TAKEDA Kunihiko
    • 名古屋大学大学院工学研究科マテリアル理工学専攻 Department of Materials, Physics and Energy Engineering, Graduate School of Engineering, Nagoya University

抄録

ポリ乳酸(PLA; Polylactic acid)の燃焼抑制について,金属酸化物を添加した際の熱分解との関係から検討を行った.その結果,数種の金属酸化物を添加した試料において燃焼が抑制される結果が得られた.燃焼時に溶融して落ちたDripの分子量を解析したところ,燃焼したNeatの<i>M</i><sub>w</sub> 10000程度に比して<i>M</i><sub>w</sub> 20000程度と分子量は大きかった.この結果から,揮発ガス成分となるような低分子量の生成物を生成することなく,高分子鎖が切断されて<i>M</i><sub>w</sub>が低下したため,燃えないで垂れるのみのPLAになったと考えられる.熱重量分析の結果がほとんど変化しないものが燃えないということが見られた.それに対して,激しく分解を促進することが知られている触媒を添加した場合は熱重量曲線が低温に移動し,燃焼が激しくなって炎が上方へ大きく成長した.このことから,触媒による燃焼抑制においては,1)重量減少温度をあまり激しく低下させることなく,2)高分子の主鎖のみを選択的に切断し低分子量の可燃性ガス成分を出さない触媒を添加すること,により燃焼抑制が期待できることが得られた.<br>

The combustion inhibition of polylactic acid (PLA) was examined from the viewpoint of its relationship to pyrolysis when metal oxide is added. The results showed that combustion was controlled by several kinds of metal oxides. The molecular weight of the drip that had melted and dropped during combustion was about 20000 g/mol, which is large compared to the burned neat sample. This result suggests that the sample fragmented without producing low molecular weight product materials that become volatile. It was observed that the samples that didnot show changes in the weight-loss Curves in thermo-gravimetric analyses did not burn. On the other hand, when a catalyst known to promote acute resolution was added, the weight-loss curve moved to lower temperatures, combustion became violent and the flame intensified and surged upwards. These results suggest that inhibition of combustion can be expected by: first, not lowering the weight loss temperature too drastically, and second, adding a catalyst that only severs the main chains of the polymer and thereby not emitting flammable gas components of low molecular weight.<br>

収録刊行物

  • 高分子論文集  

    高分子論文集 65(4), 288-294, 2008-04-25 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021120338
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00085011
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03862186
  • NDL 記事登録ID
    9492278
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-92
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ