多様な無機コーティングによる高分子材料のナノハイブリッド化とバイオ応用 Nano-Hybrid Material Formation on Polymer Materials by Versatile Inorganic Coatings and Its Biomaterial Function

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 渡邉 順司 WATANABE Junji
    • 大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻 Department of Applied Chemistry, Graduate School of Engineering, Osaka University
    • 明石 満 AKASHI Mitsuru
    • 大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻 Department of Applied Chemistry, Graduate School of Engineering, Osaka University

抄録

分子レベルで異種の材料が複合化されたナノハイブリッド材料は次世代を担う高性能材料開発に不可欠である.本報では,バイオマテリアルへの応用を指向した有機-無機ナノハイブリッドについて報告する.特に生分解性が期待されるポリ乳酸を基盤とした多孔質膜や天然高分子であるアガロースゲルを有機材料とし,骨の主要成分であるハイドロキシアパタイトやサンゴ・貝殻の主成分である炭酸カルシウムを無機材料としてナノハイブリッド化を検討した.この中で,多孔質膜を二次元,ヒドロゲルの内部空間を三次元として捉え,有機材料に無機材料をコーティングする手法について種々検討した.ナノハイブリッド化の基盤プロセスは,基材を無機イオン溶液に交互かつ連続的に浸漬する交互浸漬法と電気化学的に無機イオンを基材内部に誘導する手法が有効であることを明らかにした.また,これらの調製プロセスを統合することにより,基材内部でのイオン濃度を制御した異方的なナノハイブリッド形成が実現できることを見いだし,時空間制御されたナノハイブリッド化として位置づけた.この手法を拡張することにより,異種の無機材料を有機基材上に積層化させたナノハイブリッド材料も創製した.<br>

Nano-hybridization facilitates the performance of materials; in particular for applications in the biomedical field. In this paper, we focus on organic-inorganic nano-hybrid materials. As organic materials, polyester porous membranes and bio-based hydrogels were used. The nano-hybrid approach was based on coating techniques, which were classified as 'two dimensional', 'three dimensional', and 'space-time interval regulated' coatings. The preparation involved alternate soaking and electrophoresis. Moreover, the alternate soaking method was integrated with electrophoresis, and the formation of an anisotropic nano-hybrid material was achieved. Finally, inorganic lamination using hydroxyapatite and calcium carbonate was successfully achieved. These findings related to nano-hybrid materials are of great importance for the preparation of high performance biomaterials.<br>

収録刊行物

  • 高分子論文集  

    高分子論文集 65(6), 387-398, 2008-06-25 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021120718
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00085011
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03862186
  • NDL 記事登録ID
    9556843
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-92
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ