DNAをテンプレートとしたセラソーム集積構造の構築 Creation of Organized Assembly of Cerasomes on DNA Templates

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 橋詰 峰雄 HASHIZUME Mineo
    • 奈良先端科学技術大学院大学物質創成科学研究科 Graduate School of Materials Science, Nara Institute of Science and Technology
    • 佐々木 善浩 SASAKI Yoshihiro
    • 奈良先端科学技術大学院大学物質創成科学研究科 Graduate School of Materials Science, Nara Institute of Science and Technology
    • 寺島 崇 [他] TERASHIMA Takashi
    • 奈良先端科学技術大学院大学物質創成科学研究科 Graduate School of Materials Science, Nara Institute of Science and Technology
    • 小松 孝禎 KOMATSU Takayoshi
    • 奈良先端科学技術大学院大学物質創成科学研究科 Graduate School of Materials Science, Nara Institute of Science and Technology
    • 菊池 純一 KIKUCHI Jun-ichi
    • 奈良先端科学技術大学院大学物質創成科学研究科 Graduate School of Materials Science, Nara Institute of Science and Technology

抄録

表面に原子厚みのシロキサン骨格をもつ構造安定な有機-無機ハイブリッドベシクル「セラソーム」をテンプレートとしての DNA 上に静電相互作用を駆動力として集積化することで,多細胞モデルとしての有機-無機ナノハイブリッドを作製した.動的光散乱測定,示差走査熱量分析,蛍光偏光測定,透過型電子顕微鏡観察などにより,正の表面電荷をもつセラソームの一枚膜ベシクル(SUV)はベシクルどうしが融合せずに個々の構造を保持したまま仔ウシ胸腺 DNA 上に集積することがわかった.一方,シロキサン骨格形成能を持たない参照脂質の SUV においては,DNA との複合化によりベシクル間での融合が引き起こされ,よりサイズの大きな多重層ベシクルへと構造が変化した.これらの結果からセラソームはその極めて高い構造安定性により,水中において高次の集積構造を形成可能であることが明らかとなった.<br>

Organized assemblies of cerasomes, organic-inorganic vesicular nanohybrid shaving an atomic layer of siloxane network on their surface, were created using DNA molecule as the template through electrostatic interactions. Various physical measurements such as dynamic light scattering, differential scanning calorimetry, fluorescence polarization, and transmission electron microscopy revealed that small unilamellar vesicles (SUVs) of cationic cerasomes assembled on calf thymus DNA while maintaining their vesicular structure. On the other hand, SUVs made from cationic reference lipids were unable to maintain their vesicular structures and fused to form multilamellar vesicles on the DNA. These results show that cerasomes form organized assemblies because of their remarkably high morphological stability.<br>

収録刊行物

  • 高分子論文集  

    高分子論文集 65(6), 421-426, 2008-06-25 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  34件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021120840
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00085011
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03862186
  • NDL 記事登録ID
    9556961
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-92
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ