能動的地熱抽出に関する数値解析モデルについて Numerical Modeling within The Context of Active Geothermal Extraction

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 李 剛 LI Gang
    • オクラホマ大学 石油地質工学部 Mewbourne School of Petroleum & Geological Engineering, The University of Oklahoma
    • 山口 勉 YAMAGUCHI Tsutomu
    • 産業技術総合研究所 地圏資源環境研究部門 Institute for Geo-Resources and Environment, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology

抄録

筆者らは,長年にわたって,高温岩体地熱発電の設計に資するために,数値解析モデルの開発に携わってきた。ところが,我が国においては,高温岩体に関する研究プロジェクトは2004年に中止され,一部の研究が完成しないままに残されている。本報告はその研究において独特のものとして開発された二つの完全3次元数値解析システム,一つは有限差分法に基づくモデル,もう一つは境界要素法に基づくモデル,について述べるものである。筆者らは,高温岩体地熱発電に対する研究調査が将来において再開されたときに,本報告が役立つことを願っている。

For many years the authors have been engaged in development of numerical models to contribute to the design of Hot Dry Rock geothermal power generation. In Japan, however, the research projects concerned in HDR were discontinued in 2004, leaving a part of the research works unfinished. This paper documents two of the fully 3D modeling systems originally developed in this research: one is a finite difference based model and the other is a boundary element based model. Our hope is that this paper will support future reopening of investigation into HDR geothermal energy development.

収録刊行物

  • Journal of MMIJ : journal of the Mining and Materials Processing Institute of Japan  

    Journal of MMIJ : journal of the Mining and Materials Processing Institute of Japan 124(4), 220-230, 2008-05-25 

    The Mining and Materials Processing Institute of Japan

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021121460
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12188381
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    18816118
  • NDL 記事登録ID
    9533521
  • NDL 雑誌分類
    ZP41(科学技術--金属工学・鉱山工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-315
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ