界面活性剤無添加水溶液中におけるオレイン酸滴の粒子径に及ぼす長鎖脂肪族アルコールの添加効果 Addition Effect of Fatty Alcohol with Long Alkyl Chains on the Size of Oleic Acid Droplets in Aqueous Solutions without Surfactant

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 赤塚 秀貴 AKATSUKA Hidetaka
    • 東京理科大学理工学部 Department of Pure and Applied Chemistry, Faculty of Science and Technology, Tokyo University of Science
    • 瀬戸 匡人 SETO Tadahito
    • ポーラ化成工業(株)横浜研究所スキンケア開発部 Skin Care Products R&D Department, POLA Chemical Industries, Inc.
    • 酒井 俊郎 SAKAI Toshio
    • 東京理科大学理工学部 Department of Pure and Applied Chemistry, Faculty of Science and Technology, Tokyo University of Science
    • 酒井 秀樹 SAKAI Hideki
    • 東京理科大学理工学部 Department of Pure and Applied Chemistry, Faculty of Science and Technology, Tokyo University of Science
    • 阿部 正彦 ABE Masahiko
    • 東京理科大学理工学部 Department of Pure and Applied Chemistry, Faculty of Science and Technology, Tokyo University of Science

抄録

オレイン酸 (OA) を油相とする界面活性剤無添加O/W型エマルション (SFE) 溶液中の油滴の粒子径に及ぼす長鎖脂肪族アルコール (FA) の添加効果を検討した。<br>その結果, OA濃度が10mM以上のSFE滴の成長速度には, 主として合一が関与していることが示唆された。一方, OAに対して種々のFAを重量比9 : 1で混合したところ, 1-オクタデカノール (OD) および1-ドコサノールの場合, OA単独系に比べてSFEの分散安定性が飛躍的に向上した。次に, 種々の重量比で混合したOA/OD混合油のDSC測定, レオロジー測定, 小角X線散乱測定を行ったところ, OAとODを重量比6 : 4で混合した場合のみ, ラメラ構造をもつ剛直なα-ゲルを形成した。さらに, 表面圧―面積等温曲線測定から, 重量比6 : 4で混合したOA/OD二成分系はOA単独に比べて気―液界面へ密に配向し, かつ膜の崩壊圧は高かった。<br>これらの結果から, 水溶液中のOAにODを混合すると, その油滴界面で自発的に (自然発生的に) α-ゲルを形成して強固な界面膜となるために油滴の合一を抑制することがわかった。

The effect of the addition of fatty alcohol with long alkyl chains (FA) on the size of oleic acid (OA) droplet in surfactant-free emulsions (SFEs) was investigated.<br>First, it was found that the coalescence was responsible for the rate of OA droplet growth estimated from changes with time in the cube of mean droplet radius, r<sup>3</sup>. On the other hand, the dispersion stability of OA-SFE was significantly improved when the SFE was prepared from the OA/1-octadecanol (OD) mixed oil in which weight fraction of OD was 0.1. Secondly, we found that only OA/OD mixed oil in which weight fraction of OD was 0.4 formed an α-gel as determined from differential scanning calorimetry (DSC), a dynamic viscoelasticity, and a small angle X-ray scattering (SAXS) measurements. Furthermore, we found the OA/OD α-gel to have rigidly ordered air-water interface and its collapse pressure was higher when OA was used without OD.<br>From our investigation, we found that by adding OD to OA in an aqueous solution, the OA/OD mixture spontaneously formed α-gel on the droplet surface stabilizing the emulsion by preventing droplets from coalescence.

収録刊行物

  • 色材協會誌  

    色材協會誌 81(4), 111-116, 2008-04-20 

    Japan Society of Colour Material

参考文献:  27件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021123817
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00354634
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0010180X
  • NDL 記事登録ID
    9484024
  • NDL 雑誌分類
    ZP23(科学技術--化学・化学工業--染料・顔料・塗料)
  • NDL 請求記号
    Z17-211
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ