結晶性メソポーラスチタニアの調製およびその可視光照射下における光触媒特性 Preparation and Photocatalytic Activity under Visible Light Irradiation of Crystalline Mesoporous Titania Particles

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

壁膜に結晶構造を有するメソポーラスチタニアの調製を行いその可視光照射下における光触媒活性能について検討を行った。カチオン性界面活性剤存在下におけるチタニアの低温結晶化技術を適用することで, 従来では困難とされてきた結晶性メソポーラスチタニアの調製に成功した。また, 得られたチタニアは可視光照射下においても光触媒活性能を発現することを明らかにした。

Crystalline mesoporous titania particles were prepared and their photocatalytic activity under visible light irradiation was investigated. A novel method including a low-temperature crystallization technique of titania in the presence of cationic surfactants supplied mesoporous titania particles having crystalline walls. The obtained titania showed an absorption threshold drastically shifted to the longer wavelength side and a photocatalytic activity under visible light (>440 nm) irradiation.

収録刊行物

  • 色材協會誌  

    色材協會誌 81(7), 235-239, 2008-07-20 

    Japan Society of Colour Material

参考文献:  27件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021124060
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00354634
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0010180X
  • NDL 記事登録ID
    9591978
  • NDL 雑誌分類
    ZP23(科学技術--化学・化学工業--染料・顔料・塗料)
  • NDL 請求記号
    Z17-211
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ