非水乳化剤を用いたパーフルオロポリエーテルの固形化 Solidification of Perfluoropolyether Using Nonaqueous Emulsification Surfactant

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 依田 恵子 YODA Keiko
    • 花王株式会社 ビューティケア研究センター メイクアップビューティ研究所 Beauty Cosmetics Research Laboratory, Beauty Research Center, Kao Corporation
    • 柴田 雅史 SHIBATA Masashi
    • 花王株式会社 ビューティケア研究センター メイクアップビューティ研究所 Beauty Cosmetics Research Laboratory, Beauty Research Center, Kao Corporation

抄録

撥油性と薬品安定性に優れた液状物質であるパーフルオロポリエーテル (PFPE) を固形化する目的で, 炭化水素系オイル中にPFPEの液滴を分散させた非水乳化系の検討を行った。<br>パーフルオロアルキルメタクリレート・アルキルメタクリレート共重合体を乳化剤として用いることで炭化水素系オイルとPFPEの乳化が可能であった。炭化水素系オイルの固形化剤として汎用されているパラフィンワックスを添加することで固形の乳化物が得られた。また, ワックスに分岐パラフィンを添加することで連続相であるオイル相の固形化能は飛躍的に高まり, それによりPFPEの含有量を最大95%まで高めることが可能であった。

Perfluoropolyether (PFPE) is liquid substance, which possesses oil-repelling property and chemical resistance. For the solidification of PFPE, nonaqueous emulsification, which composed of hydrocarbon type oil and dispersed PFPE droplets, has been investigated.<br>Perfluoroalkyl methacrylate-alkyl methacrylate copolymer functioned as an emulsifying agent of various hydrocarbon type oils and PFPE. Addition of solid paraffin, which is widely used as an oil gelatinizing agent, into these oils yielded solidified emulsions. Blending of branched paraffin to the wax dramatically improved the solidification of the oil phase (continuous phase) ; hence, content of PFPE in the solidified emulsion could be increased up to 95 wt%.

収録刊行物

  • 色材協會誌  

    色材協會誌 81(5), 150-154, 2008-05-20 

    Japan Society of Colour Material

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021124157
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00354634
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0010180X
  • NDL 記事登録ID
    9516377
  • NDL 雑誌分類
    ZP23(科学技術--化学・化学工業--染料・顔料・塗料)
  • NDL 請求記号
    Z17-211
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ