ナフサ/酢酸二相系中でのナフサの過酸化水素によるタングストリン酸触媒酸化脱硫 Tungstophosphoric Acid-catalyzed Oxidative Desulfurization of Naphtha with Hydrogen Peroxide in Naphtha/Acetic Acid Biphasic System

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 矢津 一正 YAZU Kazumasa
    • (独)産業技術総合研究所 エネルギー技術研究部門 Energy Technology Research Institute, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology
    • 佐藤 信也 SATO Shinya
    • (独)産業技術総合研究所 エネルギー技術研究部門 Energy Technology Research Institute, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology
    • 杉本 義一 [他] SUGIMOTO Yoshikazu
    • (独)産業技術総合研究所 エネルギー技術研究部門 Energy Technology Research Institute, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology
    • 松村 明光 MATSUMURA Akimitsu
    • (独)産業技術総合研究所 エネルギー技術研究部門 Energy Technology Research Institute, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology
    • 斎藤 郁夫 SAITO Ikuo
    • (独)産業技術総合研究所 エネルギー技術研究部門 Energy Technology Research Institute, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology

抄録

12-タングストリン酸(TPA)触媒存在下におけるH<sub>2</sub>O<sub>2</sub>によるナフサの酸化脱硫について検討した。用いたすべての有機硫黄化合物は,酢酸中においてH<sub>2</sub>O<sub>2</sub>-TPA触媒により効率的に酸化された。酸化反応性の順序は,スルフィド類,ジスルフィド類>ベンゾチオフェン類>チオフェン類であった。ベンゾチオフェン類およびチオフェン類のメチル置換基は硫黄原子の反応性を増大した。有機硫黄化合物類の主酸化生成物は,若干のチオフェン類を除いて,相当するスルホン類であった。オクタン/酢酸二相系中において,オクタン中の有機硫黄化合物はH<sub>2</sub>O<sub>2</sub>-TPA触媒により同様に酸化された。酸化反応は酢酸相中で進行し,酸化生成物のほとんどがそこに留まることにより,オクタン相からの硫黄化合物の連続的な除去が達成された。ナフサ中の硫黄分はこの酸化的処理により効果的に削減され,シリカゲル吸着処理後の硫黄分は約0.5 mass ppmまで低減された。水素化脱硫はナフサの酸化脱硫の前処理として効果的であり,硫黄分は0.1 mass ppm以下まで低減された。

The 12-tungstophosphoric acid (TPA)-catalyzed oxidative desulfurization of naphtha with H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> was investigated. All organosulfur compounds examined were efficiently oxidized with H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> and TPA catalyst in acetic acid (AcOH). The order of the oxidation reactivities was sulfides, disulfides > benzothiophenes > thiophenes. Methyl substituents on benzothiophenes and thiophenes increased the reactivity of the sulfur atom. The major oxidation products from the organosulfur compounds, except a few thiophenes, were the corresponding sulfones. The organosulfur compounds in octane were also oxidized with H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> and TPA catalyst in an octane/AcOH biphasic system. The oxidation proceeded in the AcOH phase and most oxidation products remained in this phase, resulting in the successive removal of the sulfur compounds from the octane phase. Using this oxidative treatment effectively reduced the sulfur content of naphtha, as the sulfur content was reduced to about 0.5 mass ppm after adsorption with silica gel. Hydrodesulfurization is an effective pretreatment for oxidative desulfurization of naphtha, by which the sulfur content can be reduced to below 0.1 mass ppm.

収録刊行物

  • Journal of the Japan Petroleum Institute  

    Journal of the Japan Petroleum Institute 50(6), 329-334, 2007-11-01 

    The Japan Petroleum Institute

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021125497
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11590615
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13468804
  • NDL 記事登録ID
    9254030
  • NDL 雑誌分類
    ZP29(科学技術--化学・化学工業--燃料--石油)
  • NDL 請求記号
    Z17-177
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ