アルコキシド法により調製したRu-SiO_2触媒の細孔径の Fischer-Tropsch 反応に及ぼす影響 Effects of Pore Size of Ru-SiO_2 Catalysts Prepared by Alkoxide Method on Fischer-Tropsch Reaction

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

アルコキシド法によるRu-SiO<sub>2</sub>触媒の調製段階において,ホルムアミド(FA)を添加することにより,触媒の均質な細孔径を4~8 nmの範囲で変化させた。このようにして調製した10 wt%Ru-SiO<sub>2</sub>触媒を用い,<i>T</i>=503 K,<i>P</i>=1 MPa,H<sub>2</sub>/CO=2/1,<i>W/F</i>=5 g-catal.h/molの反応条件下において,スラリー相でのFischer-Tropsch反応を行った。触媒のX線回折のピーク半値幅から求めたRu結晶子径は細孔径によらずほぼ同じであったが,水素吸着量から見積もったRu粒子径は細孔径とともに増大した。触媒の細孔径の増大に伴って,メタン選択率が減少し,高級炭化水素への選択率が増加することが認められた。これらの選択率の細孔径依存性は,(1)細孔内におけるスラリー溶媒および反応生成物の拡散速度,または(2)Ru粒子径効果によって説明された。

Uniform pore sizes of 10 wt%Ru-SiO<sub>2</sub> catalysts prepared by the alkoxide method were varied in the range of 4-8 nm, by adding formamide (FA) at the sol-gel preparation stage. The prepared catalysts were used to catalyze the Fischer-Tropsch (F-T) reaction in the slurry phase under the reaction conditions of <i>T</i>=503 K, <i>P</i>=1 MPa, H<sub>2</sub>/CO=2/1, and <i>W/F</i>=5 g-catal.h/mol. The Ru particle sizes estimated by H<sub>2</sub> adsorption increased with increasing pore size, although the Ru crystallite sizes evaluated by XRD line broadening were only slightly changed. The selectivity for CH<sub>4</sub> decreased and the selectivity for higher hydrocarbons increased with increasing pore size of the catalysts, caused by diffusivity of the slurry solvent and/or the products in the uniform meso-pores, or uniform Ru particle size effects.

収録刊行物

  • Journal of the Japan Petroleum Institute  

    Journal of the Japan Petroleum Institute 50(6), 349-353, 2007-11-01 

    The Japan Petroleum Institute

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021125538
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11590615
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13468804
  • NDL 記事登録ID
    9254178
  • NDL 雑誌分類
    ZP29(科学技術--化学・化学工業--燃料--石油)
  • NDL 請求記号
    Z17-177
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ