カナダのオイルサンドビチューメンからの高品質合成原油の製造 Producing Quality Synthetic Crude Oil from Canadian Oil Sands Bitumen

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

カナダのオイルサンドビチューメンは,約44%のガスオイルと56%の減圧ボトム,および硫黄,窒素,芳香族,金属,アスファルテン,残留炭素を比較的多く含むため,それをアップグレーディングするために用いられてきた技術は,数々の特徴を有している。得られる合成原油は,従来の原油に比べて,少量のナフサと多量の中間留分およびガスオイル分を含み,重質なボトムは含まれない。また,硫黄分は極微量まで除かれるものの,芳香族分は比較的多いため,セタン価が低く,ジェット燃料の煙点も低い。そのため,高品質な合成原油の技術開発が継続的な挑戦であった。この論文では,ビチューメンの性状,そのアップグレーディング技術,得られる合成原油の品質,および従来の製油所において合成原油を処理するために考慮すべき点等を紹介する。

Canadian oil sands bitumen contains no naphtha, about 44% gas oils, and 56% vacuum bottoms, as well as many "nasty" materials such as sulfur, nitrogen, aromatics, carbon residue, metals, and asphaltenes. Therefore, the technologies to upgrade bitumen are unique. The upgraded product, synthetic crude oil (SCO), contains less naphtha, more middle distillates and gas oils than conventional crude oil, and no bottoms. SCO contains very low sulfur but relatively high aromatics; therefore, it has a low diesel cetane number and jet fuel smoke point. Improving SCO quality is an ongoing challenge. This paper reviews the properties of bitumen, research on bitumen upgrading, the quality of upgraded products, and implications of processing bitumen products in conventional oil refineries.

収録刊行物

  • Journal of the Japan Petroleum Institute  

    Journal of the Japan Petroleum Institute 51(1), 1-13, 2008-01-01 

    The Japan Petroleum Institute

参考文献:  53件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021125553
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11590615
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13468804
  • NDL 記事登録ID
    9334718
  • NDL 雑誌分類
    ZP29(科学技術--化学・化学工業--燃料--石油)
  • NDL 請求記号
    Z17-177
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ