水素結合型紫外線吸収剤とヒンダードアミン光安定剤の相乗作用 Synergism between Hydrogen Bond-type Ultraviolet Absorbers and Hindered Amine Light Stabilizers

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

水素結合型紫外線吸収剤(UVA),たとえばフェニルサリシレートおよびベンゾトリアゾール系UVAとヒンダードアミン光安定剤(HALS)の相乗作用を,ベンゾフェノン系UVAのそれと比較しつつ検討した。前二者のUVAは,ベンゾフェノン系UVAと同様のHALSとの相乗および拮抗相互作用を示し,その相乗作用は拮抗作用をりょうがした。光酸化防止の序列はベンゾトリアゾール>フェニルサリシレート>ベンゾフェノンであった。ペルオキシラジカルを捕そくすることによって偶然生成するUVAキノンをHALSが還元し,新しいUVAを再生する。この再生の順序は光酸化防止の順序とよく一致した。かくして,そのような再生はUVAとHALSの相乗作用の本質であると結論される。

The synergism of hydrogen bond-type ultraviolet absorbers (UVA), such as phenyl salicylate and benzotriazole type UVA, and hindered amine light stabilizers (HALS) was investigated and compared with that of benzophenone type UVA. Phenyl salicylate and benzotriazole type UVA showed a similar synergistic and antagonistic interactions with HALS to those for benzophenone type UVA, but the synergism exceeded the antagonism. The order of their synergism of preventing photooxidation was benzotriazole > phenyl salicylate > benzophenone for UVA. The order and the degree of the synergism agreed completely with those of the regeneration of new UVA by the reaction of UVA quinones, accidentally formed by scavenging peroxy radicals, with HALS. Therefore, such generation is concluded as the essence of synergism of UVA with HALS.

収録刊行物

  • Journal of the Japan Petroleum Institute  

    Journal of the Japan Petroleum Institute 51(2), 88-94, 2008-03-01 

    The Japan Petroleum Institute

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021125904
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11590615
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13468804
  • NDL 記事登録ID
    9644436
  • NDL 雑誌分類
    ZP29(科学技術--化学・化学工業--燃料--石油)
  • NDL 請求記号
    Z17-177
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ