テトラヒドロピランを含む2成分系気液平衡の測定 Measurements of Vapor-liquid Equilibria for Binary Systems Including Tetrahydropyran

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 宇野 繁理 UNO Shigemichi
    • 日本大学理工学部物質応用化学科 Dept. of Materials and Applied Chemistry, College of Science and Technology, Nihon University
    • 松田 弘幸 MATSUDA Hiroyuki
    • 日本大学理工学部物質応用化学科 Dept. of Materials and Applied Chemistry, College of Science and Technology, Nihon University
    • 栃木 勝己 TOCHIGI Katsumi
    • 日本大学理工学部物質応用化学科 Dept. of Materials and Applied Chemistry, College of Science and Technology, Nihon University
    • 宮野 善盛 MIYANO Yoshimori
    • 倉敷芸術科学大学生命科学部生命科学科 Dept. of Chemistry and Bioscience, Kurashiki University of Science and the Arts
    • 加藤 覚 KATO Satoru
    • 首都大学東京 都市環境学部材料化学コース Dept. of Applied Chemistry, Tokyo Metropolitan University

抄録

分離溶媒,反応溶媒などへの応用が期待されているテトラヒドロピラン(THP)を含む系の気液平衡データは重要であるにもかかわらず,ほとんど報告されていない。三つの2成分系(THP+<i>n</i>-ヘプタン,THP+トルエン,THP+水)に対して40.00~98.66 kPa間の6圧力における沸点をホールドアップ補償型エブリオメーターによって測定した。THP+トルエンが非共沸系であるのに対し,THP+<i>n</i>-ヘプタンとTHP+水は共沸系であること,およびTHP+水は不均一系であることが分かった。測定した沸点データに基づきNRTL(Non Random Two-Liquid)式を用いて気液平衡の決定を行った。決定したNRTLパラメーターによる沸点の計算値と実測値との絶対算術平均偏差はTHP+<i>n</i>-ヘプタン,THP+トルエン,THP+水系でおのおの0.08,0.09,1.75 Kであった。また,CH<sub>2</sub>,ArCH,H<sub>2</sub>O,pyranグループのASOG(Analytical Solution of Groups)グループ対パラメーターを決定した。さらに,THPと溶媒に対して無限希釈過剰部分モルエントロピーとエンタルピーを求めた。

The vapor-liquid equilibria (VLE) data of systems including tetrahydropyran (THP) are impotant, as tetrahydropyran is a useful reaction solvent and separation solvent, but are scarce in the literature. The boiling points of three binary systems at six pressures from 40.00 to 98.66 kPa were measured using a hold-up compensable ebulliometer. The binary system consisting of THP + toluene was nonazeotropic, whereas THP + <i>n</i>-heptane and THP + water were azeotropic. Furthermore, the THP + water system formed heterogeneous mixtures. Measured boiling points were satisfactorily correlated using the NRTL (Non Random Two-Liquid) equation. The mean deviations between the experimental and calculated boiling points were 0.08 K for THP + <i>n</i>-heptane, 0.09 K for THP + toluene and 1.75 K for THP + water systems. The ASOG (Analytical Solution of Groups) group pair parameters for the CH<sub>2</sub>, ArCH, H<sub>2</sub>O, and pyran groups were determined. Infinite-dilution partial molar excess entropies and enthalpies were determined for THP and solvents.

収録刊行物

  • Journal of the Japan Petroleum Institute  

    Journal of the Japan Petroleum Institute 51(2), 107-113, 2008-03-01 

    The Japan Petroleum Institute

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021125944
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11590615
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13468804
  • NDL 記事登録ID
    9644495
  • NDL 雑誌分類
    ZP29(科学技術--化学・化学工業--燃料--石油)
  • NDL 請求記号
    Z17-177
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ