反応抽出を用いたベンゼン部分酸化反応システム用触媒再生器の検討 Catalyst Regenerator for Partial Oxidation of Benzene in Reaction-extraction System

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 山田 博史 YAMADA Hiroshi
    • 名古屋大学大学院工学研究科化学生物工学専攻分子化学工学分野 Dept. of Chemical Engineering, Nagoya University
    • 水野 友章 MIZUNO Tomoaki
    • 名古屋大学大学院工学研究科化学生物工学専攻分子化学工学分野 Dept. of Chemical Engineering, Nagoya University
    • TANARUNGSUN Garun
    • Center of Excellence in Catalysis and Catalytic Reaction Engineering, Dept. of Chemical Engineering, Chulalongkorn University
    • PRASERTHDAM Piyasan
    • Center of Excellence in Catalysis and Catalytic Reaction Engineering, Dept. of Chemical Engineering, Chulalongkorn University
    • ASSABUMRUNGRAT Suttichai
    • Center of Excellence in Catalysis and Catalytic Reaction Engineering, Dept. of Chemical Engineering, Chulalongkorn University

抄録

ベンゼンの部分酸化反応によるフェノールの合成をベンゼン-水液2相系で行った。触媒としてVCl<sub>3</sub>,酸化剤として気体酸素を用いた。反応システムは反応器,抽出器,触媒再生器の三つの装置からなる。反応器中において,ベンゼンは触媒の溶けている水相に溶け込みフェノールへと酸化される。生成したフェノールはベンゼン相に抽出され,それ以上の逐次酸化が抑制される。ベンゼン相に抽出されたフェノールはそのままではフェノールの蓄積に伴い水相に分配されて逐次酸化が進行してしまうので,抽出器において再度抽出され反応器系外に送られる。反応中に酸化されて失活した触媒を水素で還元し再生する触媒再生器について検討を行った。触媒再生器において還元触媒がない条件では触媒は再生されなかった。還元触媒としてPdはくを用いるとベンゼンの部分酸化反応は安定して進行した。また,停止-再起動も簡単に行うことができた。

The liquid-phase oxidation of benzene to phenol was investigated in the biphasic benzene-water system using VCl<sub>3</sub> and molecular oxygen as the catalyst and oxidant, respectively. Benzene was dissolved in the aqueous catalyst phase and reacted with oxygen to form phenol. Phenol was preferentially extracted into the benzene phase, thus suppressing the formation of over-oxidized byproducts. During the reaction, the catalyst was oxidized and deactivated. To regenerate the catalyst, a regenerator was installed into the system. Hydrogen was fed to the regenerator to reduce the deactivated catalyst, but no significant improvement of the system performance was observed without the presence of a second catalyst. Pd sheet in the regenerator allowed the system to run very stably, and the system was easy to shut down and start up.

収録刊行物

  • Journal of the Japan Petroleum Institute  

    Journal of the Japan Petroleum Institute 51(2), 114-117, 2008-03-01 

    The Japan Petroleum Institute

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021125957
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11590615
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13468804
  • NDL 記事登録ID
    9644512
  • NDL 雑誌分類
    ZP29(科学技術--化学・化学工業--燃料--石油)
  • NDL 請求記号
    Z17-177
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ