炭素飽和溶融ニッケル-黒鉛間の界面自由エネルギーの測定 Measurement of Interfacial Free Energy between Carbon Saturated Molten Nickel and Graphite

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

The present study demonstrates that the sine rule is useful for examining the interfacial free energies at solid-liquid-gas interface, when the dissolution reaction from solid ceramic to molten metal has occur and reached equilibrium. The mean value of the interfacial free energy between carbon saturated molten nickel and graphite obtained is 1.89±0.05J・m-2, and one of the surface free energy of graphite is 0.75±O.lO・m-2.本研究では,間体セラミックスから溶融金属への溶解反応が平衡に逮しているとき,国体一液体一気体界面で界面白由エネルギーを測定するために正弦則の適用が有用であることを示した。得られた炭素飽和溶融ニッケルー黒鉛聞の界面自由エネルギーの平均値は1.89±0.05J・m-2,黒鉛の表面白由エネルギーは0.75±O.lO・m-2であった。

収録刊行物

  • 耐火物  

    耐火物 60(4), 177-181, 2008-04-01 

    耐火物技術協会

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021127522
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00136247
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00398993
  • NDL 記事登録ID
    9450994
  • NDL 雑誌分類
    ZP9(科学技術--化学・化学工業--無機化学・無機化学工業--セラミックス・窯業)
  • NDL 請求記号
    Z17-226
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ