錯体モデルを用いたアルカリ金属-黒鉛層間化合物の密度汎関数法による解析 A density functional theory study of the alkali metal graphite intercalation compounds using model complexes

この論文をさがす

著者

    • 大嶋 正人 OSHIMA Masato
    • 東京工芸大学工学部ナノ化学科 Department of Nanochemistry, Faculty of Engineering, Tokyo Polytechnic University
    • 武田 馨 TAKEDA Kaoru
    • 東京工芸大学工学部ナノ化学科 Department of Nanochemistry, Faculty of Engineering, Tokyo Polytechnic University
    • 松本 里香 MATSUMOTO Rika
    • 東京工芸大学工学部基礎教育研究センター General Education and Research Center, Faculty of Engineering, Tokyo Polytechnic University

収録刊行物

  • 炭素  

    炭素 (233), 124-130, 2008-06-09 

    炭素材料学会

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021127748
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00140335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03715345
  • NDL 記事登録ID
    9549860
  • NDL 雑誌分類
    ZN31(科学技術--電気工学・電気機械工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-230
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ