各種多結晶ダイヤモンド焼結体(PCD)電極の放電加工特性 EDM properties of various kinds of polycrystalline diamond (PCD) electrode

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

硬質金属や超硬合金の放電加工において問題となっている仕上げ領域における放電加工用電極の消耗の問題を解決する手段として,多結晶ダイヤモンド焼結体(PCD)を電極として適用した.本報告では,原料粒径の2μm~30μmのダイヤモンド粒子から製造された各種PCD素材(コバルト含有量=7.9~15.2vol%)の電極材料としての適性をSKD11材および超硬合金に対して,PCD素材のコバルト含有率や熱伝導性との関係で調べた.その結果,被加工物がSKD11の場合,放電持続時間<I>t</I><SUB>e</SUB>が1μs~30μsの仕上げ放電加工領域においても,各種PCD電極は極低消耗であった.また被加工物が超硬合金の場合でも,放電持続時間teが5μs以上では極低消耗を示すとともに,1μsのように短い放電持続時間のときでも3%以内の消耗に抑制できた.超硬合金の極短放電持続時間に生じた電極消耗は,ダイヤモンド粒径が大きいほど小さく,コバルト含有量が多いほど増大した.物性値との関連では,熱伝導率が高いPCD素材ほど電極消耗は減少した.続いて,5μs以上の放電持続時間において極低消耗加工が実現できた原因を調べた結果,電極表面にグラフィティックカーボン層が付着していることを見いだした.

To solve the problem of electrode wear during EDM finishing of hard metals and tungsten carbide, polycrystalline diamond (PCD) was chosen as an electrode material. This study showed how changes in the cobalt content or thermal conductivity of various PCD electrode materials made from diamond particles are affected on EDM of SKD11 or tungsten carbide workpiece material. Experiments indicated that wear of PCD electrodes was almost zero. In the case of EDM finishing of a tungsten carbide workpiece, the PCD electrode showed almost zero wear when the pulse duration was more than 5μs, and for short pulse durations, such as 1μs, the PCD electrode showed wear of less than 3%.

収録刊行物

  • 砥粒加工学会誌 = Journal of the Japan Society of Grinding Engineers  

    砥粒加工学会誌 = Journal of the Japan Society of Grinding Engineers 52(5), 283-288, 2008-05-01 

    The Japan Society for Abrasive Technology

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021136682
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10192823
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09142703
  • NDL 記事登録ID
    9494248
  • NDL 雑誌分類
    ZN11(科学技術--機械工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z16-1147
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ