X線ラマン散乱法でわかること : X線分光法による地球内部物質科学 X-ray Raman Scattering : Application to Materials of the Earth's Interior

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 福井 宏之 FUKUI Hiroshi
    • 理化学研究所 播磨研究所 放射光科学総合研究センター バロン物症ダイナミクス研究室 Materials Dynamics Laboratory, SPring-8/Harima Institute, RIKEN

抄録

In this article, recent advances in X-ray spectroscopy, in particular X-ray Raman scattering (XRS), under high pressure are introduced. There are problems to overcome when these techniques are applied to high-pressure materials science. Solutions for the problems are shown. As examples of XRS study under pressure conditions, experimental results on H<SUB>2</SUB>O and SiO<SUB>2</SUB> are reviewed. Further prospect of these techniques on materials of the earth's interior is discussed.

収録刊行物

  • 高圧力の科学と技術 = The Review of high pressure science and technology  

    高圧力の科学と技術 = The Review of high pressure science and technology 18(1), 31-37, 2008-02-20 

    The Japan Society of High Pressure Science and Technology

参考文献:  34件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021153226
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10452913
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0917639X
  • NDL 記事登録ID
    9422680
  • NDL 雑誌分類
    ZP1(科学技術--化学・化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-1589
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ