西方から日本へ、そして世界へ : 混相流国際会議の立ち上げ The ICMF has Spread to the World from Japan in Return for a lot of Culture and Civilization from the West

この論文をさがす

収録刊行物

  • 混相流  

    混相流 22(1), 3-6, 2008-03-15 

    日本混相流学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021153969
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10088286
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    09142843
  • NDL 記事登録ID
    9437828
  • NDL 雑誌分類
    ZM17(科学技術--科学技術一般--力学・応用力学)
  • NDL 請求記号
    Z14-1324
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ