微発光能を有する厚膜試料の吸収スペクトルとその問題点 : ビスアゾメチン色素蒸着膜で報告されたJ会合体形成 Comment on the J-aggregate Observed in Evaporated Thick Films of a Bisazomethine Dye

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

表題化合物の真空蒸着膜を厚くすると新たな分子配列が形成され,"J会合体"が出現すると言う報告があった.本論文では表題化合物が僅かな発光能を有することに注目し,積分球検出器を使った一連の透過率測定を行ない"J会合体"の発現機構を検討した.積分球を用いると放射状に放出される発光成分を"試料と検出器"の距離の関数として検知できる.その結果,厚膜試料で観測された"J会合体"の吸収帯は「厚膜に起因する微弱な透過光」に「入射光で励起された微弱な発光」が加算されたときに出現し,検出器に入る発光成分が増えると消失することが分かった.このような吸収帯は実体のない見かけ上のもの(artifact)であり,モル吸光係数が15 万もある物質の蒸着膜スペクトルを高濃度(蒸着膜の厚膜:1500Å)で測定していること,更に入射光による発光現象を考慮していないことに原因があることが分かった."It has recently been reported that the title compound exhibits an intense, sharp absorption band typical of the J-aggregate when the thickness of evaporated films is increased. We have replicated the J-band using a detector of the integrating sphere, with special attention to the emissive property of the compound. The use of the integrating sphere allowed us to measure the fraction of the emission component as a function of ""sample/detector"" distance. As a result, the ""J-band"" is found to be an artifact that arises when the evaporated film is abnormally thick (i.e. weak transmission) and when the emission intensity due to the incident light is comparable with that of the transmission. In addition, the ""J-band"" disappears as the emission component increases. This is obviously ascribed to an experimental error in optical measurements."

収録刊行物

  • 日本写真学会誌 = Journal of The Society of Photographic Science and Technology of Japan

    日本写真学会誌 = Journal of The Society of Photographic Science and Technology of Japan 71(2), 81-85, 2008-04-25

    日本写真学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

  • <no title>

    松本真哉

    色材協会誌 79, 503, 2006

    被引用文献1件

  • <no title>

    MATSUMOTO S.

    Chem. Commun., 2003

    被引用文献1件

  • <no title>

    松本真哉

    J会合体を形成した結晶性分子薄膜の研究とその光電エネルギー変換への応用, 2005

    被引用文献1件

  • <no title>

    ARAMAKI S.

    Proc. of IS&T's NIP20 International Conference on Digital Printing Technologies, 2004, 2004

    被引用文献1件

  • <no title>

    BEGLAND R. W.

    U. S. P. 13, 914, 276, 1976

    被引用文献1件

  • <no title>

    YU J.

    Jpn. J. Appl. Phys., Part 1 40, 3201, 2001

    被引用文献1件

  • <no title>

    ITO S.

    Chem. Commun., 1998

    被引用文献1件

  • <no title>

    DI BARTOLO B.

    Optical Interactions in Solids, 1968

    被引用文献1件

  • けい光とりん光の測定

    日本化学会編

    光 II, 8章

    被引用文献1件

  • <no title>

    水口仁

    日本画像学会誌 43, 10, 2004

    被引用文献1件

  • 特集 光機能性材料における色素J会合体の化学

    日本写真学会誌 70(5), 259-294, 2007-10

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021156481
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191766
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03695662
  • NDL 記事登録ID
    9493936
  • NDL 雑誌分類
    ZP48(科学技術--印写工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-495
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ