ダイナミッククランプ : 導入とネットワーク研究への展開 Dynamic Clamp : an integration of theoretical approaches into in vitro experiments

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 坪 泰宏 TSUBO Yasuhiro
    • 理化学研究所脳科学総合研究センター Laboratory for Neural Circuit Theory, Brain Research Center, RIKEN
    • 深井 朋樹 FUKAI Tomoki
    • 理化学研究所脳科学総合研究センター Laboratory for Neural Circuit Theory, Brain Research Center, RIKEN

抄録

神経細胞の電気活動を調べるためには,生体の神経細胞に対する受動的な観察に併せて,神経細胞への電気的入力に対する応答をみる能動的な観察が必要である.これまで能動的な観察の手法として,カレントクランプ法やボルテージクランプ法と呼ばれる手法が用いられてきたが,近年,第3の手法である「ダイナミッククランプ法」が提案され,市民権を得てきている.本稿では,前半でダイナミッククランプ法とは何か,この手法によって新たに何ができるようになったかを中心に説明し,後半で筆者らの研究に関係した具体的な2つの話題を中心に解説する.

収録刊行物

  • 日本神経回路学会誌 = The Brain & neural networks  

    日本神経回路学会誌 = The Brain & neural networks 15(2), 110-116, 2008-06-05 

    Japanese Neural Network Society

参考文献:  33件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021157939
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11658570
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    1340766X
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ