粘着剤引離しに関する可視化実験 Visualization Experiments on the Debonding of Pressure Sensitive Adhesives

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では,粘着剤の界面剥離過程とキャビテーション(空孔の発生)挙動との関連を理解するため,ブローブタック試験を行いながら粘着剤内部の立体構造を直接観察する手法を開発し,粘着特性(応力-ひずみ曲線)とキャビティ立体形状との関係を調べた。粘着剤の架橋密度を低下させるにつれ剥離しにくくなる(粘着エネルギーが増大する)傾向が見られるが,これが界面亀裂の鈍化,すなわちキャビティの球形化と密接な関係を持つことを見出した。

A simple visualization technique to observe stereoscopic structures inside thin adhesive films was developed, and the relationship between the interfacial debonding process and the cavitation behavior in the probe- tack testing was studied. We found that as we decrease the cross-linking density we get more adhesion energy, and also found that this tendency is related to the blunting of the edge of the cavities.

収録刊行物

  • 日本接着学会誌 = Journal of the Adhesion Society of Japan  

    日本接着学会誌 = Journal of the Adhesion Society of Japan 43(12), 468-472, 2007-12-01 

    The Adhesion Society of Japan

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021159127
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10341672
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09164812
  • NDL 記事登録ID
    9300429
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-134
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ