流体機械・環境装置のエロージョン・コロージョン Erosion-Corrosion of Fluid Machinery and Environmental Equipment

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

各種流体機械・環境装置などで,高速の腐食性流体を扱う場合は,流体の化学的作用および機械的作用による損傷が発生し,機器の破損による操業の停止,流体の漏洩・爆発など,経済的損失を招くと共に,安心・安全を脅かす原因ともなっている.流体の化学的作用と機械的作用は,それぞれが単独で材料に影響を与える場合 (腐食=コロージョンまたはエロージョン) と,両者が重畳して影響する場合 (エロージョン・コロージョン) とがある.本報では,まず,腐食,エロージョン・コロージョンおよびエロージョンの現象と機構に関し,流体 (液体・気体・固体) の「流れ」の影響の視点で整理する.次に,ポンプのエロージョン・コロージョンおよびスラリー・エロージョン,および流動床焼却炉伝熱管のエロージョン・コロージョンの事例と対策を述べる.

Fluid machinery and environmental equipment that handle high-speed corrosive fluids are subject to risk of deterioration due to chemical and mechanical actions of such fluids and may eventually undergo operation shutdown, fluid leakage and/or explosion due to the damage to the machine, leading to economic loss and safety and security hazard. Chemical and mechanical actions of the fluid may affect the material respectively (corrosion or erosion) or in combination (erosion-corrosion). This report will summarize the phenomena and mechanisms of corrosion, erosion and erosion-corrosion of the material from the view point of the flow effect of the fluid (liquid, gas and solid) handled, and describe instances of, and measures taken against, the erosion-corrosion and slurry-erosion of pumps and the erosion-corrosion of heat transfer pipes of fluidized bed incinerator.

収録刊行物

  • 材料と環境 : zairyo-to-kankyo  

    材料と環境 : zairyo-to-kankyo 57(3), 111-117, 2008-03-15 

    Japan Society of Corrosion Engineering

参考文献:  28件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021170582
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10235427
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170480
  • NDL 記事登録ID
    9416590
  • NDL 雑誌分類
    ZP41(科学技術--金属工学・鉱山工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-266
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ