銅管のマウンドレス型孔食 Moundless Type Pitting Corrosion of Copper Tube

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

我が国で「マウンドレス型孔食」と呼ばれる新しいタイプの銅管孔食が発見されてから約15年が経つ。この孔食は従来のI型やII型孔食と異なるいくつかのユニークな形態的特徴を持つ。第1に孔食入口を覆う腐食生成物のマウンドが存在しないことである。第2に孔食入口部周囲にガラス状の緑青が存在することである。第3に孔食の直径が1 mm以下と小さいにも関わらず深いことが挙げられる。著者らは,マウンドレス型孔食が頻繁に起こる地域でのフィールド試験により,この孔食を再現することに成功した。ラボ試験において,数種の薬品を溶解した人工淡水中でもマウンドレス型孔食は発生した。このときの人工淡水成分は,シリカ,硫酸,塩化物,重炭酸イオン濃度がそれぞれ40, 50, 10, 10 ppmであった。孔食部の表面分析結果によれば,孔食部入口は主にシリカからなる薄い膜で覆われていることが判明した。マウンドレス型孔食発生・進展メカニズムについて実験結果に基づいて考察する。

It has been about fifteen years since a new type pitting corrosion of copper tubes which has been called 'moundless type pit' was discovered in Japan. This type of pitting corrosion has some unique morphological features which differ from ordinary types of pitting corrosion such as type I or type II. First, this type of pitting corrosion has no mound of corrosion products which covers on the entrance of a pit. Second, there is a glassy verdigris around the pit. Third, the size of the pit is less than 1 mm in diameter but very deep. We reproduced moundless type pits by a field test in the area where moundless type pits have often occurred. Moundless type pits were also generated in synthetic freshwater dissolving some chemicals in a laboratory test. This synthetic freshwater contains 40 ppm SiO<sub>2</sub>, 50 ppm SO<sub>4</sub><sup>2–</sup>, 10 ppm Cl<sup>–</sup> and 10 ppm HCO<sub>3</sub><sup>–</sup>. Surface analysis of the moundless type pits revealed that the mouth of the pits was covered with a thin film which was mainly composed of silica. The initiation and propagation mechanisms of moundless pitting are discussed on the basis of the experimental results.

収録刊行物

  • 材料と環境 : zairyo-to-kankyo  

    材料と環境 : zairyo-to-kankyo 57(4), 172-179, 2008-04-15 

    Japan Society of Corrosion Engineering

参考文献:  29件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021170658
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10235427
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170480
  • NDL 記事登録ID
    9471662
  • NDL 雑誌分類
    ZP41(科学技術--金属工学・鉱山工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-266
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ