エロージョン・コロージョンのテクニカルモデュール Technical Module of Erosion-corrosion

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

リスクを基準とするメンテナンス(RBI/RBM)において破損の起こり易さを求める手法として,損傷機構別のテクニカルモジュールが使われている.テクニカルモジュールは,対象となる部位の使用条件を入力すると破損確率,発生感受性,余寿命などが算出できる手順を示したものである.本解説では,エロージョン・コロージョンに対するテクニカルモジュールの作成方法,使用手順および問題点などを述べる.

RBM (Risk Based Maintenance) is a promising method of maintenance for aged plants. The Risk is defined as the product of likelihood and consequence of failure. The likelihood of failure is evaluated by prediction of residual life or sensitivity of failure and degradation. Technical module is a tool to evaluate the likelihood of failure. In this paper development of technical module for erosion-corrosion which is one of the most likely mechanism of failure in aged plants is introduced.

収録刊行物

  • 材料と環境 : zairyo-to-kankyo  

    材料と環境 : zairyo-to-kankyo 57(5), 211-217, 2008-05-15 

    Japan Society of Corrosion Engineering

参考文献:  29件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021170737
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10235427
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170480
  • NDL 記事登録ID
    9512478
  • NDL 雑誌分類
    ZP41(科学技術--金属工学・鉱山工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-266
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ