水酸化マグネシウムの炭酸化と干満帯におけるエレクトロコーティングの生成 Carbonation of Magnesium Hydroxide and Formation of Calcareous Deposit in Tidal Zone

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

水酸化マグネシウムと空気中の二酸化炭素の炭酸化反応に関する試験を行った.また,干満帯で生成したエレクトロコーティングに含まれる化合物やその化学組成,表面性状を調べた.<br>水酸化マグネシウムの炭酸化反応により,ダイピング石が生成した.エレクトロコーティングの内側は,さび,水酸化マグネシウム,ダイピング石が含まれていた.エレクトロコーティングの外側には,アラゴナイトとダイピング石が含まれていた.従って,エレクトロコーティングに含まれるダイピング石は水酸化マグネシウムから生成したものと考えられる.

The carbonation of Mg(OH)<sub>2</sub> by carbon dioxide in air was examined. Compound, chemical composition, and surface property of the calcareous deposit formed in tidal zone were investigated.<br>As a result of the carbonation of Mg(OH)<sub>2</sub>, dypingite was formed. Inside of the calcareous deposits composed of rust and Mg(OH)<sub>2</sub> and dypingite. Outside of the calcareous deposits composed of aragonite and dypingite. Thus, it is considered dypingite in the calcareous deposit were formed from Mg(OH)<sub>2</sub>.

収録刊行物

  • 材料と環境 : zairyo-to-kankyo  

    材料と環境 : zairyo-to-kankyo 57(5), 235-240, 2008-05-15 

    Japan Society of Corrosion Engineering

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021170801
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10235427
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170480
  • NDL 記事登録ID
    9512589
  • NDL 雑誌分類
    ZP41(科学技術--金属工学・鉱山工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-266
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ