放射光を用いた鋼板表面層の状態解析技術 Chemical State Analysis of Surfaces for Steel Products using Synchrotron Radiation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

鋼板の表面および表面の処理層中に存在する元素の化学結合状態を解析する手法として,放射光を用いた X 線光電子分光および X 線吸収端微細構造法を紹介する.これらの手法は,非破壊での深さ方向分析,結合状態の識別等の点で,既存の表面分析法では取得困難な情報を得ることができる.本解説では,手法の特徴と鉄鋼材料への適用例を述べる.

X-ray photoelectron spectroscopy and X-ray absorption fine structure using synchrotron radiation are powerful tools for chemical state analysis for surfaces of steel products. These methods provide us important information, which is difficult to be obtained using ordinary surface analysis techniques, for material designs. In this article, these methods are introduced with some applications for practical materials.

収録刊行物

  • 材料と環境 : zairyo-to-kankyo  

    材料と環境 : zairyo-to-kankyo 57(6), 258-263, 2008-06-15 

    Japan Society of Corrosion Engineering

参考文献:  24件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021170864
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10235427
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170480
  • NDL 記事登録ID
    9547317
  • NDL 雑誌分類
    ZP41(科学技術--金属工学・鉱山工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-266
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ