繰り返し孔井間地中レーダ探査による不飽和帯涵養過程の定量的評価 Quantitative estimation of groundwater recharge process through a vadose zone using time-lapse cross-borehole radar profiling

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

新潟県長岡市の段丘礫層を対象にして行われた地下水人工涵養試験において,浸透マスからの涵養過程を,孔井間地中レーダによってモニタリングした。孔井間地中レーダの等深度プロファイルにおける走時とトップの式による体積含水率の推定をもとに,浸透マスからの浸潤速度や水分増加量等の不飽和帯にける涵養過程を定量的に評価した。コアサンプルから求めた体積含水率および涵養試験時における浸透量といった直接的な測定値との比較によってその妥当性を検証した。また土層は均一ではないため,細粒分が多く透水性の低い浅層の地盤が水理学的な抵抗層のように浸透量を制限し,下層の水分上昇を抑制している状況が推察された。孔井間地中レーダは,地下水人工涵養における不飽和帯での涵養過程の定量的評価に有効と考えられる。<br>

  Time-lapse cross-borehole measurements using ground penetrating radar (GPR) were conducted to investigate changes in soil moisture distributions beneath an infiltration pit for artificial groundwater recharge through a vadose zone of sand gravel soil in Nagaoka city, Japan. We measured electromagnetic wave velocity with the geometry that transmitter and receiver antennas set at the same depth, and estimated changes in the water content profile using Toppfs equation. The velocity of wetting front and the increment of soil water were then estimated. We then estimated soil water content and found it agrees well with the values obtained by a series of direct measurements using core samples. The estimated seepage rate almost coincide with observed one. The estimated soil water content profile shows that the soil seems to be not uniform. It was expected that the fine and less permeable upper layer controls the infiltration rate as a hydraulic resistive layer. As a result, the increase in the water content in the lower layer was limited to the relatively low level. The cross-borehole radar monitoring was an efficient method for quantitative estimation of the recharge process in the vadose zone.<br>

収録刊行物

  • 物理探査 = BUTSURI-TANSA Geophysical Exploration  

    物理探査 = BUTSURI-TANSA Geophysical Exploration 60(6), 467-476, 2007-12-01 

    The Society of Exploration Geophysicists of Japan

参考文献:  22件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021171126
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10028069
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09127984
  • NDL 記事登録ID
    9428911
  • NDL 雑誌分類
    ZM41(科学技術--地球科学)
  • NDL 請求記号
    Z15-66
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ