九十九里浜沿岸地域における陸上-海底横断電気探査法の適用 Application of electrical resistivity measurements along a land-seafloor continuously crossing line in the Kujukuri coastal area, Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

千葉県九十九里浜沿岸地域において海底電気探査の適用実験を行い,その有効性を検証するとともに,地質構造,地下水構造の把握を試みた。<br> 小型船舶を用いて海底に比抵抗トモグラフィ用ケーブルを敷設し,陸上から連続する測線を設けて2極法による高密度電気探査を行った結果,海底測線でも送受信電極間隔100m程度まで信頼し得る電位データを取得することができた。このデータを用いて深度40mまでの比抵抗構造を解析した。海底下の比抵抗は深度が増すにつれて高くなり,間隙率の違いを反映しているものと考えられる。局所的に比抵抗が高い箇所があり,淡水性地下水の湧出を示唆する。陸上地表下の比抵抗は深度が増すにつれて低くなる。このことから,地表付近には淡水性地下水,深部には塩水性地下水が存在しているものと推定される。塩水性地下水の起源として現世の海水の浸入と堆積時に取り込まれた化石海水が考えられる。<br> 敷設式の高密度電気探査では基本電極間隔の狭いケーブルを使用することにより空間分解能も向上させることができ,沿岸域の地質・地下水構造調査に極めて有効な手法である。<br>

Electrical resistivity measurements crossing a shoreline have been tested in the Kujukuri coastal area in order to estimate geological and hydrogeological structure related to a freshwater discharge and a seawater intrusion. We laid down a multi-core cable equipped with spring-type electrodes for the seafloor measurements and set up a land-seafloor continuous measurement line. The high density pole-pole array was adopted for the data acquisition. The 2-D inversion of the obtained data revealed a resistivity structure transecting the coast at depths up to 40m. The resistivities under the seafloor increase gradually with the depth, and some heterogeneous resistive zones are recognized. They imply a gradual decrease of porosity in the vertical direction and the existence of discharge zones of freshwater, respectively. The resitivities under the ground decrease gradually with the depth, which implies the existence of shallow freshwater aquifer and deep saline water aquifer. It is deemed that the saline water consists of intrusive seawater and trapped fossil seawater. The high density resistivity measurements crossing a shoreline is effective for the estimation of geological and hydrogeological structure in a coastal area. The spatial resolution must be improved by arranging a denser electrode array.<br>

収録刊行物

  • 物理探査 = BUTSURI-TANSA Geophysical Exploration  

    物理探査 = BUTSURI-TANSA Geophysical Exploration 60(6), 489-499, 2007-12-01 

    The Society of Exploration Geophysicists of Japan

参考文献:  22件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021171184
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10028069
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09127984
  • NDL 記事登録ID
    9429001
  • NDL 雑誌分類
    ZM41(科学技術--地球科学)
  • NDL 請求記号
    Z15-66
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ