VLF-MT法による西宮市御前浜干潟の浅部地下水の挙動 Characterization of shallow groundwater behavior using VLF-MT measurements at Omaehama tideland in Nishinomiya city

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

干潟下の地下水の挙動は干潟の生態系に大きく影響しており,その詳細を知ることは干潟の環境保全の観点からも重要である。西宮市御前浜干潟において,浅部地下水の挙動を把握するため,2005年11月から2007年4月にかけて,計8回,同一測線においてVLF-MT法による電磁気探査を実施した。その結果,見掛比抵抗と位相が測定日によって変化することを見出した。見掛比抵抗が1-3 Ωm程度と非常に小さい値を示すことと測定日ごとの見掛比抵抗と位相差の特徴が異なることから,測線内で見られる見掛比抵抗や位相の変化は,地下の塩水と淡水の分布を反映している。また,いくつかの比抵抗の特徴は,潮汐や後背地の降水量(地下水の水位・水量)に関係しているらしいと推論した。<br>

The Omaehama tideland is formed around the mouth of the Shukugawa River draining into the Osaka bay, in Nishinomiya City. It appears at low tide and forms about 150m long fan-shaped tideland. VLF-MT measurements have been carried out along a line in the tideland to reveal behavior of shallow groundwater, which have been repeated eight times: Nov. 2005, Jan. 2006, Apr. 2006, May 2006, Aug. 2006, Nov. 2007, Feb. 2007, and Apr. 2007. By comparing the observed apparent resistivity and phase profiles, different features are recognized. It is deemed that they can be accounted for fresh and salt groundwater distributions which may be related to the tidal sea level change and the precipitation in the hinterland.<br>

収録刊行物

  • 物理探査 = BUTSURI-TANSA Geophysical Exploration  

    物理探査 = BUTSURI-TANSA Geophysical Exploration 60(6), 507-514, 2007-12-01 

    The Society of Exploration Geophysicists of Japan

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021171213
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10028069
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09127984
  • NDL 記事登録ID
    9429065
  • NDL 雑誌分類
    ZM41(科学技術--地球科学)
  • NDL 請求記号
    Z15-66
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ