G蛋白質共役受容体の構造解析 Structure Determination of G-Protein Coupled Receptors

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 岩田 想 IWATA So
    • Imperial College London,理化学研究所ゲノム総合科学センター,京都大学大学院医学研究科,ERATOヒト膜受容体構造プロジェクト Imperial College London

抄録

ヒト蛋白質の 30% 程度は膜蛋白質であり,医薬の多くはこれらの膜蛋白質をターゲットとしている.それにもかかわらず,これまでにたった130種類程度の膜蛋白質の立体構造しか明らかにされていない.特に,主要な医薬品のターゲットであるヒトG蛋白質共役受容体(GPCR)の構造は1つも解かれていなかった.しかし最近,ヒトβ2アドレナリン受容体の構造がようやく明らかにされた.ここでは,Kobilkaらがこの受容体の解析に用いた手法と著者らのERATO岩田ヒト膜受容体プロジェクトの取り組みとを比較しながら,ヒトGPCR構造解析の現状を解説する.

収録刊行物

  • 化学と生物  

    化学と生物 46(3), 166-172, 2008-03-01 

    Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021176795
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037573
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0453073X
  • NDL 記事登録ID
    9415982
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z18-26
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ