環境中に存在する化学物質のヒト経口吸収性を予測する Prediction of Human Oral Absorption of Chemicals in the Environment

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

環境中に存在する化学物質のヒトに対するリスクを評価することは重要である.リスクは,化学物質そのものの毒性と曝露量,すなわち化学物質がどれだけ体内へ吸収されるかにより決まる.著者らは,化学物質のヒト体内における曝露量予測のために,人工脂質膜を用いた parallel artificial membrane permeation assay (PAMPA) により,化学物質の受動的膜透過性を予測する構造活性相関式を導いた.この人工脂質膜透過性から,小腸上皮細胞のモデル細胞であるCaco-2細胞透過性を予測することが可能であり,Caco-2細胞透過性から化学物質のヒト経口吸収性を予測することが可能となる.

収録刊行物

  • 化学と生物  

    化学と生物 46(3), 194-199, 2008-03-01 

    Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021176923
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037573
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0453073X
  • NDL 記事登録ID
    9415997
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z18-26
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ