植物は過湿土壌にどのように適応しているのか How Do Plants Acclimate to Waterlogged Conditions?

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

過湿状態の土壌では,酸素濃度の低下,土壌の還元化による無機養分の濃度・可給性の変化や,植物にとって有毒な物質の増加が観察される.多くの植物はこのような過湿環境で障害を受けやすいが,イネなどの湿生植物は,根に通気組織を形成させ,さらに根の基部で酸素漏洩を防ぐバリアを形成させることによって,過湿土壌でも根を伸長させて生育することができる.近年,過湿環境下における根への酸素供給機構や,養水分吸収機構の変化の様態が少しずつ明らかになってきた.

収録刊行物

  • 化学と生物  

    化学と生物 46(4), 245-251, 2008-04-01 

    Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry

参考文献:  28件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021177081
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037573
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0453073X
  • NDL 記事登録ID
    9459792
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z18-26
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ