食品タンパク質の乳化性の改善と低アレルゲン化 Functional Improvements in Food Proteins in Multiple Aspects by Conjugation with Saccharides

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

タンパク質の化学修飾は1950年代から研究が進められ,タンパク質の構造機能相関の解析などに用いられてきた.その後,この技術を用いて,様々なタンパク質の可溶化,熱安定性,溶解性,機能特性の改善といった機能改変が達成されてきた.しかし,従来の機能改変においては,単一目的であったり,構造解析が行なわれていないものが多い.ここでは,カルボキシメチルデキストランとハイブリッド化することで改変したβ-ラクトグロブリンの機能の特性や免疫原性などを検討した成果を紹介し,食品タンパク質の機能改変の可能性を探る.

収録刊行物

  • 化学と生物  

    化学と生物 46(5), 323-329, 2008-05-01 

    Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021177381
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037573
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0453073X
  • NDL 記事登録ID
    9504834
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z18-26
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ