葉緑体チラコイド膜を構成するグリセロ糖脂質の生合成と機能 Chloroplast Glycolipids : The Biosynthesis and Roles in Plants

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

高等植物の葉緑体チラコイド膜を構成する脂質は,他の生物の生体膜とは大きく異なる特徴をもっている.通常,生体膜はリン脂質により構成されているが,チラコイド膜においてはガラクトースを含む2種類の糖脂質が主要構成脂質で,さらに微量ではあるが光合成生物に特徴的な硫黄糖スルホキノボースを含むスルホ脂質が含まれている.植物葉緑体に特徴的なこれら3つの糖脂質の生合成機構に関する研究の変遷と,最近得られた新しい知見を含めて,一連の研究で明らかになってきたこれらの糖脂質の重要な役割について紹介する.

収録刊行物

  • 化学と生物  

    化学と生物 46(5), 330-338, 2008-05-01 

    Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry

参考文献:  61件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021177400
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037573
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0453073X
  • NDL 記事登録ID
    9504840
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z18-26
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ