PQQビタミン説へのアプローチ Approach to PQQ Vitamin Theory

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ビタミンは健康を維持する上で微量ではあるが必須の物質であり,体内でつくり出せないために食物から摂取しなければならない.ピロロキノリンキノン(PQQ)は栄養学的な知見からビタミンの候補と考えられてきたが,体内でどのような酵素と結びついているのかが謎のために,ビタミンとして認められていなかった.ここでは,再びPQQがビタミンとしての可能性があると考えられるようになった経緯と,その後新しく得られた知見を紹介する.

収録刊行物

  • 化学と生物  

    化学と生物 46(5), 339-345, 2008-05-01 

    Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry

参考文献:  24件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021177462
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037573
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0453073X
  • NDL 記事登録ID
    9504843
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z18-26
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ