産学連携による融合型基礎研究

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では筆者の経験を基に,産業人の立場から産学連携を中心に,農芸化学分野の発展のための産学双方のメリットについて,私見を述べさせていただく.このテーマを取り上げたのは,2001年7月から2006年6月まで日本経団連の産業技術委員会産学官連携推進部会(以下部会と略す)の部会長を仰せつかり,産業界として大学との有意義な連携の仕方を論じ,そして提言してきた経緯があるからである.筆者が産学連携について最初に強い印象を受けたのは,今から約20年前になる.まずそのときの状況から述べることにする.

収録刊行物

  • 化学と生物  

    化学と生物 46(5), 363-365, 2008-05-01 

    Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021177526
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037573
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0453073X
  • NDL 記事登録ID
    9504867
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z18-26
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ