タモギタケエタノール抽出物のアトピー性皮膚炎モデルマウスを用いた保湿作用およびアトピー様症状に対する作用 The Water Retention Effects and Action for Atopic Dermatitis-like Symptoms of Ethyl Alcohol Extract (from Tamogi-take Mushroom) on Animal Model of Atopic Dermatitis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

アトピー性皮膚炎患者のほとんどは,乾燥肌,バリア機能の低下および皮膚炎症状がみられる。HR-1ヘアレスマウスは,皮膚にダメージを与える特殊な誘導食(HR-AD)によって,アトピー性皮膚炎様所見を示すことが知られている。本研究では,このモデルを用いて,グルコシルセラミドを高濃度含有するタモギタケエタノール抽出物(以下,タモギタケエキス,と記載する)の混餌投与がアトピー性皮膚炎様所見にどのような影響を与えるかを検討した。その結果,対照群(HR-AD投与群)では,皮膚水分蒸散量(TEWL)の経時的増加,角化亢進および真皮への細胞浸潤が認められるなど,典型的なアトピー性皮膚炎様所見を示した。それに対してタモギタケエキス投与群では,アトピー性皮膚炎様所見についていずれも改善する効果を示した(タモギタケエキスの投与量はセラミドとして0.1%および0.01%)。タモギタケエキスの混餌投与は,アトピー性皮膚炎モデルマウスを用いた実験系において,皮膚のバリアー機能を改善し,対照群で認められた皮膚炎症状の発症を抑制する作用を示したと予想される。

Most patients with atopic dermatitis suffer from dry skin, deterioration of epidermal barrier function, and dermatitis. Hairless mice (HR-1) are a well known animal model for studies of skin abnormalities such as atopic dermatitis. Atopic dermatitis-like symptoms can be induced in these animals by feeding them a specific diet, known as the HR-AD. Using this animal model, we examined the effects of oral administration of an ethyl alcohol extract of <I>tamogi-take</I>, an edible mushroom that contains a high concentration of glucosyl ceramide (hereafter referred to as tamogi-take extract), on atopic dermatitis. The control group (HR-AD-fed mice) showed typical atopic dermatitis, with gradual transepidermal water loss (TEWL), keratinization and cellular infiltration into dermis. However, these conditions were ameliorated in the mice fed the tamogi-take extract (oral administration weight % of tamogi-take extract: 0.1% and 0.01% as glucosyl ceramide). Thus, in this study using hairless mice, epidermal barrier dysfunction induced by HR-AD was shown to be ameliorated by oral administration of tamogi-take extract.

収録刊行物

  • 日本栄養・食糧学会誌 : Nippon eiyo shokuryo gakkaishi = Journal of Japanese Society of Nutrition and Food Science  

    日本栄養・食糧学会誌 : Nippon eiyo shokuryo gakkaishi = Journal of Japanese Society of Nutrition and Food Science 61(1), 21-26, 2008-02-10 

    Japan Society of Nutrition and Food Science

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021177605
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00311992
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02873516
  • NDL 記事登録ID
    9389983
  • NDL 雑誌分類
    ZS8(科学技術--医学--解剖学・生理学・生化学)
  • NDL 請求記号
    Z19-53
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ