わが国の食品中ビオチン含量の分析 Biotin Content of Typical Foods in Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 谷口 歩美 TANIGUCHI Ayumi
    • 兵庫県立大学環境人間学部食環境解析学教室 Laboratory of Dietary Environment Analysis, School of Human Science and Environment, University of Hyogo
    • 武智 隆祐 TAKECHI Ryusuke
    • 兵庫県立大学環境人間学部食環境解析学教室 Laboratory of Dietary Environment Analysis, School of Human Science and Environment, University of Hyogo
    • 福嶋 厚 [他] FUKUSHIMA Atsushi
    • 兵庫県立大学環境人間学部食環境解析学教室 Laboratory of Dietary Environment Analysis, School of Human Science and Environment, University of Hyogo
    • 渡邊 敏明 WATANABE Toshiaki
    • 兵庫県立大学環境人間学部食環境解析学教室 Laboratory of Dietary Environment Analysis, School of Human Science and Environment, University of Hyogo

抄録

ビオチンは,種々の食品に広く分布している。しかし,ビオチンは五訂日本食品標準成分表には収載されておらず,食品中の含量をはじめとして,食品中での存在状態,調理や加工による変化,生体内での利用率などについて,ほとんど明らかにされていない。そこで,日常的に摂取している食品から代表的な330品目のビオチン含量を分析し,諸外国の食品中のビオチン量と比較した。今回,ビオチン分析を行った食品の中では,らっかせい,とうがらし,ぶた肝臓,にわとり肝臓,卵黄(生),インスタントコーヒー(粉末状),パン酵母(乾燥),ローヤルゼリーで50 μg/100 g以上の高値であった。また,食品群ごとでは,種実類やきのこ類,肉類(内臓を含む)で,ビオチン含量は高値であり,果実類や油脂類などにはビオチンは,ほとんど含まれていなかった。食品中のビオチン含量は,食品の種類や状態によって差異がみられたが,諸国間においても類似した結果が得られている。

Biotin is contained in a wide variety of foods. However, the 5th Revised Japanese Standard Food Table does not include the biotin content of foods, nor does it consider the loss of biotin resulting from food processing and cooking, or the bioavailability of biotin. Therefore, we determined the biotin contents of 330 typical foods available in Japan, and compared them with those of foods available in various other countries. The content of biotin found in peanuts, red peppers, liver (pork and chicken), egg yolk, instant coffee (powder), yeast (dried) and royal jelly exceeded 50 μg/100 g. With regard to various food groups, nuts, mushrooms and meats (including liver) contained, on average, a large amount of biotin, whereas fruits and oils contained only a small amount. Although the biotin content differed according to the method of analysis and the form of the foods, there were no marked differences in the biotin content of foods between Japan and other countries.

収録刊行物

  • 日本栄養・食糧学会誌 : Nippon eiyo shokuryo gakkaishi = Journal of Japanese Society of Nutrition and Food Science  

    日本栄養・食糧学会誌 : Nippon eiyo shokuryo gakkaishi = Journal of Japanese Society of Nutrition and Food Science 61(1), 27-37, 2008-02-10 

    Japan Society of Nutrition and Food Science

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021177616
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00311992
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    02873516
  • NDL 記事登録ID
    9389986
  • NDL 雑誌分類
    ZS8(科学技術--医学--解剖学・生理学・生化学)
  • NDL 請求記号
    Z19-53
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ