人を対象にした研究の科学性と倫理性 : ニンニク黒酢どくだみ茶による内臓脂肪減少に関するランダム化比較試験を例に What Constitutes Scientifically and Ethically Sound Research Involving Human Participants? : An Inquiry into a Randomized Trial Investigating the Effectiveness of Garlic-black Vinegar-dokudami Tea in Reducing Visceral Fat

この論文をさがす

著者

    • 佐藤 恵子 SATO Keiko
    • 京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻遺伝カウンセラー・コーディネータユニット Kyoto University School of Public Health, Genetic Counseling and Research Coordinator Unit

収録刊行物

  • 榮養學雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF NUTRITION AND DIETETICS  

    榮養學雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF NUTRITION AND DIETETICS 66(2), 93-100, 2008-04-01 

    日本栄養改善学会

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021177958
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00023058
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215147
  • NDL 記事登録ID
    9496382
  • NDL 雑誌分類
    ZS8(科学技術--医学--解剖学・生理学・生化学)
  • NDL 請求記号
    Z19-50
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ