単純反復配列(SSR)マーカーを利用したチャの品種識別 Identification of Japanese Tea (Camellia sinensis) Cultivars Using SSR Marker

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 加藤 史子 KATO Fumiko
    • 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構野菜茶業研究所 National Institute of Vegetable and Tea Science, National Agriculture and Bio-oriented Research Organization
    • 谷口 郁也 TANIGUCHI Fumiya
    • 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構野菜茶業研究所 National Institute of Vegetable and Tea Science, National Agriculture and Bio-oriented Research Organization
    • 物部 真奈美 [他] MONOBE Manami
    • 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構野菜茶業研究所 National Institute of Vegetable and Tea Science, National Agriculture and Bio-oriented Research Organization
    • 江間 かおり EMA Kaori
    • 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構野菜茶業研究所 National Institute of Vegetable and Tea Science, National Agriculture and Bio-oriented Research Organization
    • 廣野 久子 HIRONO Hisako
    • 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構野菜茶業研究所 National Institute of Vegetable and Tea Science, National Agriculture and Bio-oriented Research Organization
    • 山本 前田 万里 MAEDA YAMAMOTO Mari
    • 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構野菜茶業研究所 National Institute of Vegetable and Tea Science, National Agriculture and Bio-oriented Research Organization

抄録

チャの発現遺伝情報をもとに設計したSSRマーカー44種類の中から,品種識別に利用可能なマーカーを6種類選抜し,国内の主要なチャ41品種の遺伝子型を調べた.その結果,選抜したマーカーにより検出されたフラグメントは4~13種類と高い多型性を示し,最少2種類のマーカーの組み合わせにより今回調査したすべての品種を識別できることがわかった.さらに,異品種混入茶を模擬して「べにふうき」に「かなやみどり」を所定の比率で混合し,「かなやみどり」を検出できるか調べた.選抜したSSRマーカーによるPCR産物のフラグメント解析をDNAシーケンサーにより行った結果,混合比率2%(w/w)でも「かなやみどり」由来のピークが検出されたことから,異品種の混入を数%(w/w)レベルで検出できることがわかった.また,「かなやみどり」を「やぶきた」および「ゆたかみどり」に変えた場合にも同様の結果が得られたことから,他の品種の識別にも適用可能と考えられた.

We have developed SSR (simple sequence repeats) markers for identification of tea cultivars developed and registered in Japan using nucleotide information from <I>Camellia sinensis.</I> Among 44 primer pairs investigated, 6 primers were found to uniquely identify tea cultivars. The selected markers were polymorphic, showing 4 to 13 different fragments per marker, and a minimum of 2 markers was sufficient to distinguish all 41 cultivars investigated. In this study, we also tested the detection of cultivar contamination. As a model for contaminated samples, 'Kanayamidori' was mixed in 'Benifuuki'. PCR products amplified by SSR marker 11D02T were analyzed by capillary electrophoresis by means of DNA sequencer. The peak derived from 'Kanayamidori' was detected even in a mixing ratio of 2% (w/w). This shows that the present method is useful for the identification of Japanese tea cultivars and can be applied to powdered tea.

収録刊行物

  • 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology  

    日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 55(2), 49-55, 2008-02-15 

    Japanese Society for Food Science and Technology

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021178175
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10467499
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1341027X
  • NDL 記事登録ID
    9372591
  • NDL 雑誌分類
    ZP34(科学技術--食品工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-126
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ