各種市販茶のロイコトリエンB_4放出抑制作用とラジカル消去活性およびポリフェノール含量との関係 Correlation among Suppression of Leukotriene B_4 Release, Radical Scavenging Activity and Polyphenol Contents of Commercial Tea Extract

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

16種類の市販茶(アマランサス,ウラジロガシ,カキドオシ,ギムネマ,クマザサ,シジュウム,タヒボ,科不明甜茶,バラ科甜茶,ドクダミ,杜仲茶,ハトムギ,ビワ茶,ヨモギ,緑茶,ルイボスティー)抽出物の抗アレルギー効果をラット腹腔細胞からのロイコトリエンB<SUB>4</SUB> (LTB<SUB>4</SUB>)放出抑制作用を指標として検討した.LTB<SUB>4</SUB>は5-リポキシゲナーゼの酸化作用により生成することから,茶類の抗酸化成分として知られている総ポリフェノール量,フラボノール量,タンニン量を測定した.また,抗酸化性としてDPPHラジカル消去活性を調べ,LTB<SUB>4</SUB>放出抑制作用とポリフェノール類含量,DPPHラジカル消去活性の相関を解析した.総ポリフェノール量はシジュウム,バラ科甜茶,ルイボスティー,ウラジロガシ,緑茶,市販甜茶,ビワ茶抽出物に多く含まれていた.フラボノール量はシジュウム抽出物に,タンニンはバラ科甜茶とシジュウム抽出物に特に多く含まれていた.LTB<SUB>4</SUB>の放出については緑茶およびバラ科甜茶抽出物はほぼ完全にLTB<SUB>4</SUB>放出を抑制し,カキドオシ,シジュウム,ウラジロガシ抽出物はLTB<SUB>4</SUB>放出量を50%以下に抑制した.LTB<SUB>4</SUB>相対放出量とDPPHラジカル消去活性,ポリフェノール類含量との相関を解析した結果,LTB<SUB>4</SUB>相対放出量とDPPHラジカル消去活性および総ポリフェノール量には強い負の相関があり,LTB<SUB>4</SUB>放出抑制作用があった茶抽出物ではその相関がさらに強くなった.これらの結果は,LTB<SUB>4</SUB>放出抑制作用における茶ポリフェノールの重要性を示唆するものであり,その作用機構の一つとしてアラキドン酸ペルオキシラジカルの消去が考えられる.

Anti-allergic effects of 16 commercial available tea extracts were examined by measuring leukotriene B<SUB>4</SUB> (LTB<SUB>4</SUB>) release from rat peritoneal cells (PC). LTB<SUB>4</SUB> production is accomplished by oxidative reactions catalyzed by 5-lipoxygenase. As several kinds of tea include polyphenols that have anti-oxidative effects, we also determined the contents of total polyphenol, flavonol and tannin, and examined DPPH radical scavenging activity of the tea extracts. Guava, sweet tea (<I>Rubus suavissimus</I> S. Lee), rooibos, <I>Quercus salicina</I>, green tea, sweet tea (family unknown) and loquat contained large amount of polyphenols. Flavonol was found in guava, and tannin was found in guava and sweet tea (<I>Rubus suavissimus</I> S. Lee). The extracts of green tea and sweet tea (<I>Rubus suavissimus</I> S. Lee) almost completely inhibited LTB<SUB>4</SUB> release from PC, while extracts of ground ivy leaves, guava and <I>Quercus salicina</I> inhibited release by less than 50%. We also examined the correlation between LTB<SUB>4</SUB> release and DPPH radical scavenging activity and between LTB<SUB>4</SUB> release and polyphenol, flavonol, or tannin content. LTB<SUB>4</SUB> release was negatively correlated with DPPH radical scavenging activity and total polyphenol contents, and this correlation was strong among the tea extracts that suppressed LTB<SUB>4</SUB> release. These results suggest that polyphenols in tea extracts may play an important role in the suppression of LTB<SUB>4</SUB> release and may also scavenge arachidonic acid peroxyradicals in the production of LTB<SUB>4</SUB>.

収録刊行物

  • 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology  

    日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 55(3), 87-94, 2008-03-15 

    Japanese Society for Food Science and Technology

参考文献:  42件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021178285
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10467499
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1341027X
  • NDL 記事登録ID
    9413662
  • NDL 雑誌分類
    ZP34(科学技術--食品工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-126
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ