静水圧による微生物制御を利用したイカ肝臓の食塩無添加自己消化分解エキスの製造 Growth Inhibition of Microorganisms by Hydrostatic Pressure in Autolytic Hydrolysis of Unsalted Squid liver

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 重田 有仁 SHIGETA Yujin
    • 広島県立総合技術研究所食品工業技術センター Hiroshima Prefectural Technology Research Institute Food Technology Research Center
    • 青山 康司 AOYAMA Yasushi
    • 広島県立総合技術研究所食品工業技術センター Hiroshima Prefectural Technology Research Institute Food Technology Research Center
    • 岡崎 尚 [他] OKAZAKI Takashi
    • 広島県立総合技術研究所食品工業技術センター Hiroshima Prefectural Technology Research Institute Food Technology Research Center
    • 松井 利郎 MATSUI Toshiro
    • 九州大学大学院農学研究院 Department of Bioscience and Biotechnology, Division of Bioresource and Bioenvironmental Sciences, Faculty of Agriculture, Graduate School, Kyushu University

抄録

静水圧の微生物増殖抑制効果を利用したイカ肝臓の自己消化分解エキスの製造について検討した.<BR>(1)温度45~55℃,処理時間24~48時間で比較的高いT-N濃度,F-N濃度の分解エキスを得ることができた.静水圧は分解にほとんど影響しなかったことから,微生物の増殖を抑制可能な最低圧力である60MPaとした.<BR>(2)60MPa,50℃,48時間自己消化させた分解エキスのGlu,Asp等の遊離アミノ酸濃度は,市販の魚醤油と同等以上で呈味性に優れており,本法のイカ肝臓を用いた調味料製造方法としての可能性が示唆された.<BR>(3)イカ肝臓に含まれるCdは,分解エキス化によってやや減少したが,Cdの除去についてさらに検討する必要があった.

Inhibition of bacterial growth in unsalted squid liver by autolytic hydrolysis under hydrostatic pressure (AHHP) to produce seasoning was investigated. The desirable temperature for AHHP at 60MPa was in a range of 45-55°C, and hydrostatic pressure had no effect on the autolysis in a range of 60-300MPa. Squid liver was almost degraded for 24-48h under the conditions of 60MPa and 50°C. The autolysate contained taste-active amino acids, such as Glu, Asp and Ala, at high concentration. Although the Cd concentration of the autolysate decreased from 45 to 32ppm, it remained at a sufficiently high level to use the autolysate as seasoning. The removal of Cd from the autolysate must be further investigated.

収録刊行物

  • 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology  

    日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 55(3), 117-120, 2008-03-15 

    Japanese Society for Food Science and Technology

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021178391
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10467499
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    1341027X
  • NDL 記事登録ID
    9413725
  • NDL 雑誌分類
    ZP34(科学技術--食品工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-126
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ