コムギ Nonspecific Lipid Transfer Protein 1 抗ペプチド抗体の特性 Characterization of Anti-peptide Antibody for Wheat Nonspecific Lipid Transfer Protein 1

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 老田 茂 OITA Shigeru
    • (独)農研機構東北農業研究センター National Agricultural Research Center for Tohoku Region
    • 横田 聡 YOKOTA Satoshi
    • (独)農研機構北海道農業研究センター National Agricultural Research Center for Hokkaido Region

抄録

コムギLTPに対する特異性が高い抗体を得るため,コムギLTPの17~27番アミノ酸からなる部分ペプチドを抗原に用いた.ウサギ血清から得られたIgGはコムギとライムギのLTPに強く結合したが,オオムギやエンバク,コメ,トウモロコシの水抽出タンパク質にはほとんど結合しなかった.コムギおよびライムギの水抽出タンパク質1μgに含まれるLTPが,イミュノブロッティング法により検出できた.精製コムギLTPは2ng以上で,イミュノブロッティング法および酵素免疫測定法により検出できた.

To obtain a highly specific immunoglobulin G (IgG) for wheat nonspecific lipid transfer protein 1 (LTP), a wheat LTP peptide comprising amino acids Nos. 17-27 was designed as the antigen. Rabbit IgG showed high affinity to LTP of wheat and rye, but less or no affinity to water-extracted proteins of barley, oat, rice and maize. The LTP in 1μg of water-extracted wheat and rye protein was detectable by immunoblotting. Purified wheat LTP of over 2ng was detectable by immunoblotting and enzyme linked immunosorbent assay.

収録刊行物

  • 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology  

    日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 55(4), 137-142, 2008-04-15 

    Japanese Society for Food Science and Technology

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021178454
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10467499
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1341027X
  • NDL 記事登録ID
    9455559
  • NDL 雑誌分類
    ZP34(科学技術--食品工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-126
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ