励起蛍光マトリクス計測を応用したデオキシニバレノールの新規判別法 Detection of Deoxynivalenol in Water Solution by Using Excitation-Emission Matrix

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 藤田 かおり FUJITA Kaori
    • 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構食品総合研究所 National Food Research Institute, National Agriculture and Food Research Organization
    • 蔦 瑞樹 TSUTA Mizuki
    • 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構食品総合研究所 National Food Research Institute, National Agriculture and Food Research Organization
    • 杉山 純一 SUGIYAMA Junichi
    • 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構食品総合研究所 National Food Research Institute, National Agriculture and Food Research Organization

抄録

光計測によるカビ毒検知を試みた.本研究は光計測によるデオキシニバレノール(Deoxynivalenol, DON)の判別を可能にした初の試みであり,1)DON溶液の励起蛍光マトリクス(Excitation-Emission Matrix, EEM)計測,2)EEMの数値化,3)多変量解析によるDONの判別関数の算出,の3段階で実験を遂行し,以下の知見を得た.<BR>(1) これまで蛍光の検知が不可能とされていたDONにおいて,励起波長200~340nm/蛍光波長200~900nmの範囲でDON由来の蛍光が観察された.特に励起波長200~240nm/蛍光波長300nm, 励起波長250~300nm/蛍光波長250~350nm付近に観察されたピークはDON特有の蛍光ピークであると考えられた.<BR>(2)判別分析により,DONおよび純水の2グループの判別には,励起波長210nm/蛍光波長270nm, 励起波長240nm/蛍光波長620nm, 励起波長280nm/蛍光波長330nmの3つの変数が選択された.またこの変数を用いたDONの判別関数の正判別率は100%であり,誤判別がなかったことから,2つの溶液は3つの波長条件で十分に判別が可能であった.<BR>(3)さらにこれらのうち2波長条件において,DON溶液の蛍光強度が純水の値を上回っていたことから(<I>p</I><0.01),今回算出されたモデル式が他の混合試料中でのDON判別に展開できる可能性が示唆された.

Excitation-emission matrix (EEM) fluorescence spectroscopy was used to detect deoxynivalenol (DON), which is a mycotoxin and is the most frequent contaminant occurring in toxicologically relevant concentrations in wheat and other cereal grains. Concentration gradients of DON aqueous solution samples with 7 levels were prepared as follows : 0, 4, 8, 125, 250, 500 and 1000ppm. EEM was measured using a spectrofluorometer. DON could be characterized by some fluorescence peaks in EEM, especially those with the following specific excitation (Ex) and emission (Em) wavelength ranges : Ex 200∼240nm/Em 300nm and Ex 250∼300nm/Em 250∼350nm. Through discriminant analysis of EEM, two groups of DON and pure water can be discriminated with the following three wavelength conditions : Ex 210nm/Em 270nm, Ex 240nm/Em 620nm and Ex 280nm/Em 330nm. For these conditions, a linear discriminant model was able to identify DON solutions with a classification accuracy of 100%.

収録刊行物

  • 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology  

    日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 55(4), 177-182, 2008-04-15 

    Japanese Society for Food Science and Technology

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  6件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021178576
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10467499
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1341027X
  • NDL 記事登録ID
    9455666
  • NDL 雑誌分類
    ZP34(科学技術--食品工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-126
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ