高血圧自然発症ラットにおけるモリンガ葉水抽出物の抗高血圧作用 Antihypertensive Effect of Water Extracts from Leaves of Moringa oleifera Lam. on Spontaneously Hypertensive Rats

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 梶原 良 KAJIHARA Ryo
    • 広島県立総合技術研究所食品工業技術センター Hiroshima Prefectural Technology Research Institute Food Technology Research Center
    • 中津 沙弥香 NAKATSU Sayaka
    • 広島県立総合技術研究所食品工業技術センター Hiroshima Prefectural Technology Research Institute Food Technology Research Center
    • 塩野 忠彦 [他] SHIONO Tadahiko
    • 広島県立総合技術研究所食品工業技術センター Hiroshima Prefectural Technology Research Institute Food Technology Research Center
    • 柴田 賢哉 SHIBATA Kenya
    • 広島県立総合技術研究所食品工業技術センター Hiroshima Prefectural Technology Research Institute Food Technology Research Center
    • 石原 理子 ISHIHARA Masako
    • 広島県立総合技術研究所食品工業技術センター Hiroshima Prefectural Technology Research Institute Food Technology Research Center
    • 坂本 宏司 SAKAMOTO Koji
    • 広島県立総合技術研究所食品工業技術センター Hiroshima Prefectural Technology Research Institute Food Technology Research Center
    • 武藤 徳男 MUTO Norio
    • 県立広島大学生命環境学部 School of Faculty of Life and Environmental Sciences, Hiroshima Prefectural University

抄録

高血圧自然発症ラット(SHR)にモリンガ葉の10倍水抽出物を強制経口投与し,血圧上昇抑制効果について検討を行った.その結果,単回投与試験では血圧の有意な低下は認められなかったが,長期投与試験では,投与後25日目以降有意な血圧上昇抑制作用が認められた.また,モリンガ葉は,抗高血圧作用を有するGABAを高含有していた.モリンガ葉を長期間継続的に摂取することで高血圧発症を予防できる可能性があることが示唆された.

The antihypertensive effect of water extracts from leaves of <I>Moringa oleifera</I> Lam. was studied in spontaneously hypertensive rats (SHR). Extracts (10g of the dried leaves with 100ml of water) were given to SHR by a single oral administration at 3ml/kg body weight or by repeated oral administrations at 3ml/kg body weight/day for 6 weeks. The water extracts contained 0.3mg/ml of γ-aminobutyric acid (GABA). Although the single oral administration of the water extract could not reduce systolic blood pressure in SHR, repeated oral administration for 6 weeks resulted in significant decreases compared with the control. These results suggest that the daily intake of <I>Moringa oleifera</I> Lam. was effective for prevention against hypertension.

収録刊行物

  • 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology  

    日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 55(4), 183-185, 2008-04-15 

    Japanese Society for Food Science and Technology

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021178595
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10467499
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    1341027X
  • NDL 記事登録ID
    9455678
  • NDL 雑誌分類
    ZP34(科学技術--食品工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-126
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ