小麦ふすまアラビノキシランの免疫賦活作用とその分子量特性 Immunostimulating Activity and Molecular Weight Dependence of an Arabinoxylan Derived from Wheat Bran

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

小麦ふすまから抽出したアラビノキシランの免疫賦活活性をマクロファージ様に分化させたヒト白血病細胞株HL60細胞の貪食活性を指標に検討した.本研究で得られた小麦ふすまアラビノキシランの活性は米糠およびとうもろこし由来アラビノキシランに比べ有意に高く,さらに,小麦ふすまアラビノキシランの活性を分子量別に調べた結果,その活性は分子量5kDa以上の高分子分画によりもたらされていることが明らかとなった.本研究で得られた小麦ふすまアラビノキシランは,食餌性高分子アラビノキシランの腸管免疫に対する影響を調べる上で有効な素材になると考えられる.

Arabinoxylan, the main component of hemicellulose in plant cell walls, is known to be not only a dietary fiber but also an immunomodulator. Here, we investigated the immunostimulating activity and the molecular weight dependence of an arabinoxylan derived from wheat bran. Wheat bran mixed with water was treated by autoclaving under 1.8 atm at 120°C for 15min followed by treatment with hemicellulase at 50°C for 20min. Distilled water was added, followed by centrifuging and lyophilizing. We used phagocytic activity of macrophage-like cells as an indicator of immune function activation. The immunostimulating activity of arabinoxylan from wheat bran was higher than that arabinoxylan from corn husk and rice bran and its activity was attributable to the fraction with a molecular weight of over 5kDa.

収録刊行物

  • 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology  

    日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 55(5), 245-249, 2008-05-15 

    Japanese Society for Food Science and Technology

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021178768
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10467499
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    1341027X
  • NDL 記事登録ID
    9490286
  • NDL 雑誌分類
    ZP34(科学技術--食品工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-126
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ